2020.1.17 12:01(1/3ページ)

【松本ひでおのオフは釣り三昧】“大魔神”佐々木主浩さん、大魔女にKO タチウオ3本重さ勝負でプレーボール

【松本ひでおのオフは釣り三昧】

“大魔神”佐々木主浩さん、大魔女にKO タチウオ3本重さ勝負でプレーボール

大魔神、松本アナとも仲良く7本を釣り上げ、3本の重量対決も奇跡のドロー。勝敗は次戦に持ち越しです=東京湾・本牧沖

大魔神、松本アナとも仲良く7本を釣り上げ、3本の重量対決も奇跡のドロー。勝敗は次戦に持ち越しです=東京湾・本牧沖【拡大】

 松本ひでおアナウンサー(58)の連載「オフは釣り三昧」が、ライバルのスポーツ紙と異色のコラボです。プロ野球、米大リーグで活躍した日刊スポーツ野球評論家で「大魔神」こと佐々木主浩さん(51)が登場。大の釣り好き同士が、釣り対決です。異例の浅場で釣れ続くタチウオ3本の重量制で勝負。冬ならではのドラゴン級、いや“大魔神級”はどちらにほほえむか。横浜市・金沢八景『米元釣船店』でプレーボール!!

 今回は、なんとライバル紙日刊スポーツさんとの共同企画にして同日掲載です。ニッポン放送「ショウアップナイター」解説者でもある佐々木主浩さんは、実は25年来の釣友。同紙の釣り面に頻繁に登場し、「いつかコラボの企画をやりたいね」と話していたのが実現したのです。

 まず1回目は、サンスポが“ホームゲーム”。サンスポ推薦『米元釣船店』で餌釣りのタチウオをやってきました。

 大魔神「(幅が)指3本以下はリリースだからね。あっ、松ちゃんは手が小さいから指4本だな」

 出船前から鋭い牽制球が来ました(笑)。

 潮温のせいもあるのか、米元正船長が船を走らせたポイントは、浅場で本牧沖の水深40メートル前後。最初にヒットしたのは私。しかし獲物はなんと50センチほどのリボン級。「やったね、松本サイズ」と大魔神は大笑い。

【続きを読む】

  • 船中最大110センチを釣った“大魔女”川目記者。3本の重量は2340グラムと圧勝でした
  • 冬でも“ぎょさん”の日刊スポーツ寺沢卓記者(左)の検量に、いちゃもんをつけながら1グラムの誤差も許さない
  • 左から対決に立ち会った海洋環境研究家の木村尚さん、松本アナ、大魔神、米元正船長
  • 当日の仕掛け