2020.1.16 12:00(1/3ページ)

【よしもと釣り部通信】東京湾ジギング・シーバス開幕!いざ出陣

【よしもと釣り部通信】

東京湾ジギング・シーバス開幕!いざ出陣

41.5センチのシーバスを釣った門脇と、36センチで負けて白目をむく伊地知。後方で金ちゃんが恨めしそう=東京湾・浦安沖

41.5センチのシーバスを釣った門脇と、36センチで負けて白目をむく伊地知。後方で金ちゃんが恨めしそう=東京湾・浦安沖【拡大】

 サンスポ釣り面と釣りビジョンのコラボ第2弾に、よしもと釣り部が登場です。東京湾のジギング・シーバスが開幕。例年1月後半からトップ1束の好釣果が出るが、今年の状況を偵察しようと、芸人軍団が横浜市・本牧『長崎屋』へ出動。その様子を釣りビジョンが同行取材。年男のデニス松下(35)がまさかのトラブルに見舞われる中、釣果はいかに?

 このコラムの釣り取材に、なんと釣りビジョンさんが取材で来てくれることになりました。夢の釣り番組です。毎週釣りに出掛け、釣れずに1人寂しく泣いた夜が報われる日が来た!! ピスタチオ伊地知さんと鬼越トマホーク金ちゃんも一緒。ところが! 釣りロケの3日前、僕はインフルエンザにかかってしまい不参加…。なんでや!!

 当日は2人に加え、同局リポーターとして、かつて大阪サンスポ釣り面で連載を持っていた元NMB48の門脇佳奈子さんが『長崎屋』へ。その様子を2人から聞いた話を元にお伝えします。

 「釣りまくるんでロケは1時間で十分です!」と伊地知さんが大風呂敷を広げれば、門脇さんが「私は10分で大丈夫です!」と対抗し、早くもバチバチモード。「底から5メートルを探って」という長崎功船長の指示通り、80グラムのジグをただ巻き。浦安沖の水深10メートル。伊地知さんにファーストヒット。95センチの良型タチウオです。すぐに門脇さんと伊地知さんがダブルヒット。それぞれ41・5センチ、36センチのシーバスです。

【続きを読む】

  • 95センチの良型タチウオも来ました
  • 33センチを釣った金ちゃん。後方では釣りビジョンのカメラが回る中、門脇、伊地知がそっちのけで勝負
  • 釣りビジョンのスタジオ収録を行う左から伊地知、松下、門脇、井出大介、英玲奈。松下は爪痕を残せた?!
  • 当日の仕掛け