2020.1.10 12:00

マゴガレイ、ビッグ期待大 ワンデー・湾奥千葉地区大会13日開催に向け釣果上昇

マゴガレイ、ビッグ期待大 ワンデー・湾奥千葉地区大会13日開催に向け釣果上昇

3日に篠原進さん(足立区)が釣った41.5センチのマコガレイ。このサイズが上がれば優勝候補だ=東京湾・行徳沖

3日に篠原進さん(足立区)が釣った41.5センチのマコガレイ。このサイズが上がれば優勝候補だ=東京湾・行徳沖【拡大】

 今年最初の「サンスポフィッシング・チャレンジ2020」のワンデー・湾奥千葉地区大会が13日、4軒の船宿で開催される。マコガレイ1枚の全長で決定(同寸の場合はその重量)。日に日に釣果は上昇しており、期待十分。『伊藤遊船』の田島定行船長に大会直前の様子と展望を聞いた。

 同宿では、3日に最大41・5センチを含むトップ6枚を記録。7日は2~8枚で、5人20枚の好釣果だった。昨年の優勝記録は40・4センチ。現在オス主体に釣れているので、田島船長は「40センチ超が優勝ライン」とみる。3日に釣れた41・5センチは、ハタいた後のメス。メスは大型のため、釣れれば一気に優勝候補に躍り出る。

 では大型を釣るコツは? フグが多く、仕掛けを動かすとフグが寄ってくる。田島船長は「フグを制すれば、優勝も近づく。餌をマメに交換してじっくり待つ」と話す。餌の青イソメは2、3本を8~10センチに長さを揃えれば、好釣果につながると説明。40センチオーバーを上げて、優勝を引き寄せよう。

 ★大会要項(抜粋)

 【開催日】1月13日(月・祝)午前8時30分競技開始。順延日1月26日(日)【競技方法】竿2本以内。ハリ2本以内、ハリスの長さは1・2メートル以内。オモリの重さは20~25号(各船で統一)。船宿支給の餌は青イソメ(その他の持ち込み自由)。総合優勝~総合第5位は各船別1位者の横取り方式で決定【参加資格】小学生以上(但し小学生は保護者同伴に限る)【参加料】大人(中学生以上)9000円、小人(小学生)5000円(乗船代、餌、氷1個、保険料、消費税含む)【釣り座】船別に抽選【表彰】総合優勝者は「チャンピオンシップ(CS)」(11月開催予定)出場権獲得の他、豪華賞品。CS上位者をオーストラリア旅行5日間に招待。参加者全員にオリジナル帽子。その他、サンスポ賞、レディース賞、ジュニア賞【参加申込先】参加船宿に直接電話で。先着順、定員になり次第締め切り

 ★2・2ミニワンデー大会要項決定

 2月2日に開催されるミニワンデー大会の要項が決まりました。奮ってご参加ください。

 ▼千葉県勝浦市・川津『不動丸』電話0470・73・5538【対象】サバ【審査方法】5尾の重量制(同重量の場合、さらに5尾追加重量)【定員】18人【順延日】2月16日

 ▼同県御宿町・御宿岩和田港『太平丸』電話0470・68・2900【対象魚】ヒラメ【審査方法】1枚の重量【定員】14人【順延日】2月9日

  • 湾奥千葉地区大会参加船宿