2019.12.3 12:00(4/4ページ)

ワラサやっと来た!コマセだけじゃない、泳がせ、落とし込みと自由自在に攻略だ

ワラサやっと来た!コマセだけじゃない、泳がせ、落とし込みと自由自在に攻略だ

コマセ

コマセ【拡大】

 左舷側で歓声が。山口明利さん(60、立川市)が掛けた。泳がせだ。3・5キロの立派なワラサを手に「きょうは泳がせメイン。釣れてよかった」と見事に作戦的中だ。左ミヨシでも竿が絞り込まれる。3・8キロにサイズアップだ。終盤でのチャンスタイム到来。泳がせに次々とアタリが出るが、スッポ抜けやライン切れも多発。餌切れとなった自分は、コマセに戻すものの蚊帳の外でタイムアップとなってしまった。

 ワラサ釣りでコマセを振って、あとは置き竿で運任せ。そんな常識を覆す攻めの釣りを展開する『一休丸』。状況に応じて的確な作戦を組み立てて挑みたい。 (APC・森川共也)

 ★モリさんのブレークタイム

 ワラサ釣りは楽しいけど船が込んでいて嫌だ。そんな人には『一休丸』の仕立船がお勧め。5人以上なら乗合船と同じ料金で乗船できる。気の合う仲間や家族連れなら、他人に気遣いなしでノンビリ楽しめる。熟練度や季節によって釣り物もいろいろとプランがある。また、磯釣りの渡船もあるので釣りの楽しみ方もさまざま。詳しくは船宿に電話でご相談を。

 ★船長の見通し

 「今年は潮温が高いせいか、随分遅いスタートになりました。今後新しい群れが入ればもう少し楽しめると思いますが、早めの釣行がお勧めですね。コマセのときはマメな入れ替えが大事。特餌はイカのほかに外道で釣れたサバの切り身も実績ありです。コマセがダメなときは泳がせも面白いですよ。いろいろ用意して試してみてください」

ガイド

〈船宿〉サンスポ推薦=城ケ島『一休丸』電話046・882・5419〈交通〉京浜急行・三崎口駅下車でバス利用。電話連絡で送迎あり。マイカーは横浜横須賀道路・衣笠IC~三浦縦貫道・長井ICから約15分〈乗合料金〉コマセ氷付き1万1500円。予約制で6時30分出船。

  • 泳がせで上がったワラサ。待ちに待ったシーズンの開幕だ
  • 引きは強烈。ファイトを堪能しよう
  • コマセで上がったイナワラ級
  • 泳がせ
  • 落とし込み