2019.11.20 12:01(1/2ページ)

アマダイ、高級食材の数釣りチャンス! 相模湾・小田原沖

アマダイ、高級食材の数釣りチャンス! 相模湾・小田原沖

34センチのアマダイ。これから大型が交じるシーズンに突入する=相模湾・小田原沖

34センチのアマダイ。これから大型が交じるシーズンに突入する=相模湾・小田原沖【拡大】

 相模湾から雪化粧をした富士山が見える季節になってきた。冬の沖釣りで近年うなぎ上りのターゲットがある。アマダイだ。釣る楽しみもあるが、京料理の高級食材で酒蒸し、こぶ締め、干物など絶品だ。流通量が少なく、なかなか口にできるものではない。そこは釣り人の特権を生かすチャンス。神奈川県小田原市・小田原早川『坂口丸』へ向かった。

 港に着くと、久保田源太郎店主から「最近極端に潮が濁ってね、魚が口を使わないよ」と先制パンチ。聞かなかったことにし、8人で出船した。すぐに久保田忍船長から開始の合図。港前の水深50メートル。こんな近くで? いいときだとツ抜けする絶好ポイントだそうだ。

 オモリをトントンさせてアピールし、仕掛けの長さ分巻き、さらに1メートル前後をゆっくり誘う。何度か誘うが応答はない。右舷トモで竿が大きく絞り込まれた。大物? 1キロ超のマダイだった。

 水深70メートルへ。餌取りも口を使わない状況に、店主の言葉がよぎる。東へ東へ移動。2時間が経過したころ、きき上げた竿先にアタリが出た。電動のスイッチをスローで入れる。ググンッとフッキング。20メートル巻いたところでさらにググンッ。何度も抵抗するあたりがまさにアマダイだ。21センチを船中第1号で手中にした。が、水圧に耐えて泳いでいたのでリリースした。

 これを皮切りに船中で顔を見せる。「今の流しは、3尾上がりました」と船長も乗ってきた。右舷ミヨシで良型が取り込まれた。34センチだ。

【続きを読む】

  • 港前からスタート。海から眺める街並みも乙です
  • アマダイの一荷。数釣りチャンスを証明してくれた
  • 当日の仕掛け