2019.11.7 12:00(1/3ページ)

ファンと一緒に黄金アジで交流もありさ! 東京湾・猿島沖

ファンと一緒に黄金アジで交流もありさ! 東京湾・猿島沖

たくさんのアジに、三須和彦さん凛花ちゃん親子も、後ろのありささんもニコニコです=東京湾・猿島沖

たくさんのアジに、三須和彦さん凛花ちゃん親子も、後ろのありささんもニコニコです=東京湾・猿島沖【拡大】

 東京湾の高位安定の人気ターゲットといえば、年中狙える黄金アジ。半日船でトップ30~40尾をキープするほどの好調っぷりだ。ハピソンガールの鈴原ありささんが、昨年も好評だったファンと一緒にアジ釣りをするイベントを開催。12~75歳の20人とともに、神奈川県横須賀市・横須賀安浦『こうゆう丸』から午前釣りで出船。ありさスマイル全開です。

 ここ最近天気に恵まれず、予報は雨でした。少し落ち込んでいましたが、当日は曇りに変わり、釣り日和。奇跡だ~。みんなの願いが通じたのかな!?

 まずは最初のあいさつとともに、港前でレクチャー。ちなみに初レクチャーだったのですが、なんと説明中にアジのダブルがヒット。これには参加者も荻野勝美船長もビックリ。幸先が良い。

 準備が整ったらいざ出船。約10分でポイントの猿島沖の水深25メートルに到着し、スタートです。早速「釣れたよ~」という声が聞こえてきました。そこからは釣れる釣れる、まさにアジパラダイスです。

 途中、「トリプルヒットしたい」「もっと大きいサイズが釣りたい」など、どんどん目標が高くなっていきました。親子で参加の三須凛花ちゃん(12)は「干物にして食べたい。いつもお父さんが作ってくれる」と、バケツに入ったアジをうれしそうに眺めていて、こっちまでうれしくなっちゃいました。

 「久しぶりに釣りにきた」という方や、「海釣りはまだ初心者だけど思い切って参加してみました」など、このイベントを通じて釣りの楽しさに触れて頂けたことが何よりです。また、今回アジだけでなく、なんとヒラメやクロダイも釣れて船内は大盛り上がり。

【続きを読む】

  • アジの泳がせでワラサがヒット。ありささんと中学生の小林心菜ちゃんで青物の楽しさも体験
  • ありさポーズとして定番になったぶりっ子ポーズで出船だ
  • 当日の仕掛け