2019.11.6 12:00(1/2ページ)

カワハギ本格化!型と数と肝パン堪能 東京湾・竹岡沖

カワハギ本格化!型と数と肝パン堪能 東京湾・竹岡沖

29・5センチのカワハギを仕留めた小菅さん。最後の最後にビッグが待っていました=東京湾・竹岡沖

29・5センチのカワハギを仕留めた小菅さん。最後の最後にビッグが待っていました=東京湾・竹岡沖【拡大】

 今季のカワハギは厳しいと当初からちらほら耳にしていたが、ここにきてコッパ(当歳魚)が顔を出しはじめ、数釣りが楽しめるようになってきた。小型交じりにいつ来るか分からない大型、そのスリルがたまらなく面白い。この時期は肝パンで「釣って良し、食べて良し」と盛り上がってきた。東京湾・竹岡沖をメインに狙う神奈川県横須賀市・鴨居大室『五郎丸』へ向かった。

 船は港を出てすぐにスローダウンした。「どうぞ。大型が出ますから気を抜かないように」と山口隆幸船長がアナウンス。鴨居沖の水深23メートル。船下に仕掛けを落とす。大潮周りのせいか仕掛けがトモに流れていく。着底し、底を切るとまた糸が出ていくほどだ。

 オモリが底に着いているうちにアタリを取る。苦戦していると、ミヨシで29センチのカワハギが上がった。釣った藤本博さん(64、新宿区)は「鴨居沖で釣れ始めたという情報で来ました。ここは大型が出ますね」。3尾目というから型も数もビックリだ。逆舷で「3連チャン来たー」と威勢のいい声も。カワハギはいる。自分の釣りが合わないのかうまくいかない。

 手法を変え、前方へキャスト。仕掛けを寝かせて食わせる間を取り、スッときき上げる。カツカツと独特のアタリ。そのままノせるイメージで合わせるとカンカンカン。26・5センチだ。18センチ前後を2連チャン。釣り方が合ってきた。待ちすぎるとトラギスの餌食になるので仕掛けを動かすタイミングが重要と見た。

【続きを読む】

  • 鴨居沖で上がった29センチのビッグ
  • 難敵だが、自分のペースで楽しく釣ろう
  • 当日の仕掛け