2019.11.6 12:00

【松本ひでおのオフは釣り三昧】釣り堀カフェで川目記者と対抗戦 チーム勝利も個人“ハンデ戦”で敗退

【松本ひでおのオフは釣り三昧】

釣り堀カフェで川目記者と対抗戦 チーム勝利も個人“ハンデ戦”で敗退

決勝の手長エビ釣りでも唯一釣果を上げた川目梢記者(左)。松本アナは根掛かりで勝負ならず…

決勝の手長エビ釣りでも唯一釣果を上げた川目梢記者(左)。松本アナは根掛かりで勝負ならず…【拡大】

 先週末、東京・吉祥寺の釣り堀カフェ「Catch&Eat」で20人を集めて釣り大会をやりました。

 ホンモロコを釣って、その場で天ぷらか唐揚げにして食べられるというお店です。店内には円形のモロコの釣り堀がふたつ。参加者10人ずつが、私とサンスポの川目梢記者のチームに分かれて対抗戦。釣り初体験のリスナーも多かったのですが、みんな無口になるくらい集中していました。

 チームとしては私が勝ったのですが、個人対決は川目記者に軍配。彼女には今までタチウオ、アジ、ヒラメなどすべて私が負けています。実は今回、途中で劣勢を感じたので、「川目さんは左手で!」と冗談半分で言ったら、それ以降ホントに左手でやってたんですよ。なのに負けた…。

 今度は口にくわえるように!って、何情けないことを言ってんだ俺は!!

 大会は大盛況でした。賞品提供してくださったヤマリアさん、サンスポさんはじめ関係各位の皆さまに厚く御礼申し上げます。 (フリーアナウンサー)