2019.11.5 12:00(1/3ページ)

シロアマダイ52センチ、1791グラムで高橋さん圧勝! 相模湾東地区大会

シロアマダイ52センチ、1791グラムで高橋さん圧勝! 相模湾東地区大会

高橋正博さん

高橋正博さん【拡大】

 「サンスポフィッシング・チャレンジ2019」の相模湾東地区大会が10月27日、4軒の船宿から6隻94人が参加して開催された。大会はアマダイ最大型1尾の重量で争われ、『萬司郎丸』の高橋正博さん(69、鎌倉市)が、1791グラムのシロアマダイで優勝。ボーナス船制度からは『まごうの丸』1号船の大谷直之さん(38、調布市)が勝ち上がり、揃って今月10日開催予定の「チャンピオンシップ(CS)」出場権を獲得した。

 確かに要項には、アマダイ(シロアマダイ、キアマダイ含む)とカッコ付きの記載はあった。しかし、乗合船でも年に数回あるかないかという“幻”のシロアマダイ。ただし書きが、圧勝劇を生み出した。

 悪天候のため10月14日から延期して開催された大会は、ベタナギ快晴の釣り日和。参加6隻は、江ノ島沖の水深90メートル前後に集結。互いに姿が見えるポイントで競技をスタートさせた。『萬司郎丸』に乗船した高橋さんは、1997年以来となるサンスポ大会出場。「これはそのときの参加賞。久々に引っ張り出してきたよ」と当時のサンスポキャップをかぶりながら、22年ぶりの大会を楽しんだ。

 終了30分前。ベタ底狙いに徹していた高橋さんの竿に、それまでとは明らかに違う大きなアタリ。残り数メートルを切っても断続的な引きを維持したまま、海面に魚体が浮いた。高橋さんは「色も薄かったのでマダイと思ったら、まさかまさか!」と興奮を隠せない。体長52センチ、1791グラムのシロアマダイだ。総合2位に1044グラム差を付けて圧勝。自身も初というシロアマダイで参加唯一の4桁をたたき出し、40年の釣り歴に超ビッグな白星を付けた。

 難敵といわれるアマダイだが、参加94人のうち約82%に当たる77人が規定をクリア。しかし、そんな腕達者たちも大半がシロは初見。カメラに囲まれた高橋さんは「アマダイの中でも特にシロはおいしいらしいね。酒蒸しで勝利の美酒を味わいます」と、通常のアマダイより市場価格が倍以上といわれる超高級魚に笑顔。30センチと35センチの真っ赤な本命も収まったクーラーに目を細めた。

 今年ラストを飾るワンデー大会は、トリにふさわしく紅白に彩られて終了。次回は最終決戦のCSへと舞台を移す。各地のワンデー、ターム大会を勝ち抜いた猛者が、好調に沸く東京湾のマダコをターゲットに、頂点を目指す。

 ★総合優勝=高橋正博さん「苦節40年、初優勝の念願がかないました。お世話になっている船宿を応援するため久々に出場を決めたのですが、元々の14日は予約いっぱいでキャンセル待ち。延期になった瞬間、再申し込みました(笑)。釣りはタチウオからアユまで何でもやります。CSはマダコ最大型1尾の重量制? 今年は相模湾のボートで3回挑戦、テンヤで良型が釣れましたよ。CSも万全の態勢で臨みます」

【続きを読む】

  • 奥村学さん
  • 北村匡司さん
  • 大谷直之さん
  • 東明典さん
  • 大串茂さん
  • 大見和也さん・凱くん親子
  • 城田てんそるさん
  • 小島加奈さん
  • 小林篤さん
  • “海の貴婦人”を求めて94人が熱戦を繰り広げた
  • 相模湾東地区大会成績表