2019.11.2 21:41

松本秀夫アナ、釣りイベントでラグビーW杯になぐり込み

松本秀夫アナ、釣りイベントでラグビーW杯になぐり込み

松本秀夫アナと川目梢記者がチーム戦で釣り対決

松本秀夫アナと川目梢記者がチーム戦で釣り対決【拡大】

 サンケイスポーツ釣り面で「オフは釣り三昧!」を連載中の松本秀夫アナウンサー(58)が2日、東京・吉祥寺の釣り堀カフェ「Catch&Eat」で釣りイベントを開催した。エクストラクターライブによるインターネット番組「今夜もゆるぱら!」のオフ会で、本紙釣り班から川目梢記者がゲスト出演。参加者22人が2チームに分かれ、ホンモロコで釣りバトルを展開した。

 イベントはラグビー・W杯の決勝、イングランド-南アフリカ戦と同じ午後6時に“キックオフ”。大学ラグビーの実況経験もある松本アナは、「日本に勝った南アフリカが17対32で優勝します」と予想した。

 松本アナと川目記者の直接対決は過去にも数回あり、ヒラメやアジ、タチウオなど川目記者が全勝中。松本アナはオモリと餌を勘違いする通常運転の中、川目記者は一番乗りでツ抜け達成。一方の松本アナも、4センチの極小“松本サイズ”で巻き返した。

 川目記者は「魚の動きを観察した方が釣りやすいですよ」とチームを鼓舞しながら25尾で竿頭に。松本アナは21尾で、個人戦では川目記者が勝利。チーム戦は松本チームが平均値で上回り、ラグビーに負けない熱戦を展開した。モロコはその場で天ぷらや唐揚げにして提供され、参加者は「自分で釣った魚はおいしい」と舌鼓。この日が誕生日だった中村優吾くん(12)は「20尾釣れました。楽しかった」とニッコリ。

 釣り堀で根掛かりするなど、しっかり笑いも取った松本アナは「ラグビーの予想はほぼ正解だったでしょう! でも釣りは川目記者においしいところ全部持っていかれました…。みんな楽しんでもらえてよかった。また開催しましょう」と満足げな表情を浮かべた。

 この模様はYouTube「松本秀夫チャンネル」で配信中。

  • みんなでホンモロコ釣りを満喫