2019.11.1 12:00(2/4ページ)

【よしもと釣り部通信】東京湾ルアー青物スタート!デニス松下突撃

【よしもと釣り部通信】

東京湾ルアー青物スタート!デニス松下突撃

終盤はカンパチのラッシュ=東京湾・第二海堡周辺

終盤はカンパチのラッシュ=東京湾・第二海堡周辺【拡大】

 横須賀沖の水深30メートルでスタートです。60グラムのジグを底まで落とし、ワンピッチジャークで誘います。が、反応がない。出船前に萩原敏広船長から「長潮で潮が動かないから厳しい戦いになると思うけど頑張ろうね」と聞いていた通り? でも厳しいと知りながら快く取材を受けてくださった船長の気持ちに応えるべく、気を引き締めます。

 鴨居沖の水深40メートルへ。ワラサが狙えるらしく、ジグは100グラム。右舷ミヨシで70センチのサワラがフォールでヒット。船長いわく、サワラ狙いならお尻にフックを付けた方がいいが、根掛かりのリスクが上がる。ワラサやイナダなら、頭からルアーを吸い込むから頭に付けた方がいいそう。勉強になります。僕は何度か根掛かり、サンスポMデスクはフグにPEをかみ切られ続ける安定のポンコツコンビぶりです。

【続きを読む】

  • 47センチのイナダを釣ってニンマリの松下。萩原船長(奥)に感謝=東京湾・第二海堡周辺
  • 当日の仕掛け