2019.10.26 05:00

【甘口辛口】申告漏れの徳井義実、税金についてしっかり「チュートリアル」受けて

【甘口辛口】

申告漏れの徳井義実、税金についてしっかり「チュートリアル」受けて

 ■10月26日 トークも漫才も俳優業も、どこかすっとぼけた味で人気を確立したお笑いコンビ、チュートリアルの徳井義実。二枚目でしかも面白い44歳の独身貴族が、東京国税局から2018年までの7年間で約1億3800万円の申告漏れを指摘された。16~18年の所得を一切申告していなかったというから、あいた口がふさがらない。

 吉本興業の同僚芸人の間からも「ただのバカ」「何してんねん」と怒りやあきれた声が渦巻く中、出演するテレビ番組が放送休止となるケースも出てきた。18年12月に約3700万円の追徴税額の納税と修正申告を済ませたとはいえ、失墜したクリーンなイメージを回復するには相当な覚悟と努力が必要だろう。

 徳井は問題が発覚した23日深夜、緊急会見。「国民に多大なるご迷惑と不快感を与え、申し訳ございません」と謝罪したが、昨年まで3年間、毎年一切申告してこなかったことについて「(後でまとめて申告すれば)なんとか行けるかな、という感覚でした」と振り返った。

 毎年納税する国民にとっては、この点だけでも信じがたいし、それ以前の09年から期限内に納税しなかったという報道も。税理士ときちんと話し合わず、私的な旅行や高級時計などの買い物を経費として計上したことも問題。23日まで吉本にも修正申告を報告しなかった。どんな話も面白くできる類いまれな才能の持ち主なのに、今回はまったく笑えない。

 ちなみに、コンビ名のチュートリアルは大学浪人時代、相方の福田充徳(44)と通った予備校で使う英語から取った。「個別指導」を意味する。今後は税金についてしっかり個別指導を受け、すっとぼけるのは芸だけにしてもらいたい。 (森岡真一郎)