2019.10.8 12:00(1/2ページ)

イナダ当たり年!連日50本超 “青物パラダイス”相模湾

イナダ当たり年!連日50本超 “青物パラダイス”相模湾

イナダをダブルゲットした小菅さん。ずっしりくる重さにはお手上げ!?=相模湾・茅ケ崎沖

イナダをダブルゲットした小菅さん。ずっしりくる重さにはお手上げ!?=相模湾・茅ケ崎沖【拡大】

 今シーズンの相模湾は半端ない青物パラダイスだ! キハダや本ガツオなど、どれも好調だが、抜群なのが、ブリの幼魚、イナダだ。連日50本超の好釣果が出ている。刺し身やみそ漬け、照り焼きなどレパートリーも多く人気の食材でもある。青物特有の強烈な引きを堪能しに、神奈川県茅ケ崎市・茅ケ崎『まごうの丸』のLT五目船に乗った。

 港前でスタートだ。「15~3メートルまで誘ってみてください」と田中雄太船長がゴーサイン。指示ダナの15メートルよりハリス分沈めた。コマセは出すぎないように、ビシの下窓は全閉し、上窓で調整する。18メートルからリズミカルに2度3度シャクリ上げて、食わせる間を与えて待つ。海面3メートルまで2往復したところでコマセの出具合をチェックして調整し再投入する。

 早速、隣で竿が弓なりに曲がり約40センチの良型のイナダが引き抜かれた。魚が船に付いたようであちらこちらで竿が絞り込まれている。後れを取るまいとシャクると、ガツンと竿が止められた。ギューンと走る。水深が浅いので元気いっぱい。無理に巻き上げるとハリス切れになるので引っ張られたら耐え、抵抗しないときに巻く。海面に姿を見せたイナダは首を振り応戦し、ビシをつかんだ瞬間、すっぽ抜け。力任せに手繰りすぎた。

 入れ食いが続き、魚がバタバタと床を叩く音が響く。すぐにアタリ。合わせるとガツン。慎重に巻き、最後の抵抗を交わして、約40センチを抜き上げた。左舷ミヨシの浜野航さん(43、座間市)は「今年船釣りを始め、イナダの引きを体感したくてきました。スゲ~の一言ですね」と喜んだ。

【続きを読む】

  • この重さは体感しなければ分かりません=相模湾・茅ケ崎沖
  • あっという間にクーラー満タン
  • 食った!竿が急角度で海面を刺す
  • 当日の仕掛け