2019.9.26 12:00

【竿々学々】相模湾の本ガツオ、台風通過の大シケ後も好調!5~6キロ級の大型交じり

【竿々学々】

相模湾の本ガツオ、台風通過の大シケ後も好調!5~6キロ級の大型交じり

特集:
竿々学々

 ――師匠、台風15号のシケでジ・エンドになるんじゃないかと心配されていた相模湾の本ガツオが、どうやら健在のようですね。

 「おお、もう2、3週間前から、そろそろ…と思っていたんだが、依然として海水温も高く、まだしばらくはやれそうだな」

 ――20キロ、30キロというキハダマグロ狙いの人も多いようですが、私は本ガツオがいいんですよ。“下りガツオ”は半端じゃなくおいしいですからね。

 「確かにな。俺も腰が心配になるようなキハダマグロはもういい。あれは若い連中に任せておけば…。今シーズンは、当初から型が良いモノが多かったんだが、6キロオーバーも毎日のように顔を出しているからな。脂もバッチリ乗っていて、お前じゃないが半端じゃなくうまい」

 ――5キロ、6キロのサイズなら1匹あれば家族全員でたらふく食べられますよ。今シーズンは、餌釣りもルアー釣りもどちらも好調のようですね。

 「ああ、その通りだ。コマセ釣りが“解禁”になって数は伸びたが、ルアー釣りでも遜色ない釣果が上がっているからな」

 ――今週末あたりに彼とルアー釣りの船に乗ろうと思っているんですが、どこがいいですかね。

 「平塚、茅ケ崎あたりから出ている船が多いが、小田原早川や真鶴方面からも出ているからな。釣果の片寄りもほとんどないから、できるだけ空いている船を探せばいいんじゃね~か」

 ――確かに満船状態だと、掛かった後が大変ですよね。

 「まあ、その時はお互い様なので、大きなトラブルにはならないが、釣り人が少ない方が釣りやすいのは確かだからな」

 ――秋のお彼岸も過ぎましたが、いつ頃まで楽しめるんですかね。

 「こればっかりは分からんな。正直、今シーズンはあまり長続きしないだろうと思ってはいたんだが、その予想は外れたし、台風通過の大シケ後にも釣れているからな」

 ――父も同じようなことを言っていました。『今シーズンは長続きしないから、行くなら早めに行け』って。

 「俺も父君も過去の経験値からそう思ったんだが、最近はその経験値が全くアテにならんからな」

 ――今週末は、まだ大丈夫ですよね。

 「ただ、この時期になると、徐々に釣果が落ちてくるような感じではなく、ある時、パッタリと釣れなくなったりするからな。何とも言えんが、このところの状況を見ていると、まだしばらくはやれそうだがな」

 ――分かりました。今週末、必ず行ってきます。

 「釣れたらタタキをごちそうしてくれ。今シーズンは、まだ“下りガツオ”を食っていないからな」

 ――分かりました。任せて下さい。