2019.9.11 12:00(1/3ページ)

マイカ、大剣クラス爆釣!福井・小浜「村古・心共丸」/関西フィッシング

マイカ、大剣クラス爆釣!福井・小浜「村古・心共丸」/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
後半に良型マイカを連発した平井憲さん(左)。村古崇誌若船長も好フォロー

後半に良型マイカを連発した平井憲さん(左)。村古崇誌若船長も好フォロー【拡大】

 日本海の夏~秋の釣りを象徴するマイカ(ケンサキイカ)。福井・小浜でイカ釣りファンの根強い支持を集める人気船、「村古・心共丸」(村古政弘船長)に、がまかつフィールドテスター、平井憲さんが乗船した。政弘船長の息子で、まだ20歳の崇誌若船長も同船。イカメタル、市販スッテ、オリジナル船頭仕掛けを釣り比べながら、40センチ級の「大剣」の引きを楽しんだ。

 福井県小浜市の村古・心共丸の村古政弘船長に小浜沖のマイカ釣りを案内して頂きました。今回は「海域による仕掛けの使い分け」と「釣り方の違い」をテーマにした。

 夕方5時前に釣り人12人で出船し、小浜沖ポイントに向かう。この日 小浜沖の潮は緩く、イカリを入れてのカカリ釣りで6時過ぎから釣りを開始した。

 まずはイカメタルでマイカのタナを探る。この日、底潮はあまり動かず船内でも明るいうちはアタリ無し。今回釣行に付き合ってくれた西村しょうこさんが船内でマイカ早掛け一番でした。

 その後、船内でポツポツと釣れ始め、この日イカメタル釣りは私1人。皆さんサビキのスッテ釣りで2~3時間過ぎた頃、上潮は風で滑り底潮は動かず、2枚潮の状況でアタリダナもまばらで基本底でのアタリしかなかった。

 この時点で多い人でマイカを18匹釣り上げていた。私はマイカ5匹と追い上げるにはこの時点が限界。サビキスッテ釣りに変更して、まず定番の豊後スッテを投入、底からアタリを探る。

【続きを読む】

  • イカメタル
  • 市販スッテ
  • オリジナル船頭仕掛け
  • 村古・心共丸
  • 平井さんのイカサビキ(ブランコ)タックル