2019.9.5 05:01(1/2ページ)

【新台】P北斗の拳8 覇王(サミー)

【新台】

P北斗の拳8 覇王(サミー)

特集:
新台紹介
(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,(C)NSP2007 版権許諾証YSE-020, (C)Sammy

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,(C)NSP2007 版権許諾証YSE-020, (C)Sammy【拡大】

 パチンコ・パチスロシーンで不動の人気を誇る北斗の拳シリーズからパチンコ第8弾となる最新作「P北斗の拳8 覇王(サミー)」がいよいよ登場した。本機では、10R大当り後に必ず小当りRUSHに突入し、約1500個+αの出玉を得られる「次世代型HYPER BONUS」を搭載。これにより、どこまで出るかわからない“北斗伝統の出玉感”を実現した。まさに「覇王」を冠するにふさわしいその魅力を紹介する。

 ★1500発+α

 (最新作「P北斗の拳8 覇王」の目玉は、次世代HYPER BONUS「究極神拳RUSH」だ。ヘソで20%、電チューで40%振り分けの10R大当り(3・7図柄揃い)を引ければ、消化後の確変突入に加えて小当りRUSHが発動する。

 つまり、1度の大当りで約1500発(10R大当り)+α(小当りRUSH)の出玉が獲得できる。小当りで開放されるアタッカーは大当り消化時と同じアタッカーで、1カウント15個賞球。同アタッカーが小当りRUSH発動中はほぼ毎回転開くため、確変中大当りの確率通りに当っても1000発ほどの上乗せが期待できる。大当りに小当りRUSHを組み合わせることで、過去のシリーズ機に勝るとも劣らない出玉感を実現した。

 ★バトル演出堪能

 また、究極神拳RUSH以外の基本的なゲーム性は、過去シリーズ機を踏襲。3・7図柄以外の初当りはBATTLE BONUSとなり、ラウンドバトルの自キャラ勝利で確変BATTLE MODEに突入、敗北で時短50回の激闘MODEに突入する。BATTLE MODEと激闘MODEで小当りRUSHは発動しないが、滞在中は電チュー消化となるので10R大当りの振り分けが40%=究極神拳RUSH突入の大チャンスだ。

 ちなみに究極神拳RUSHとBATTLE MODEではおなじみのバトル演出が発生し、勝利すれば確変継続となる。新たなステージや敵キャラも追加され、過去最高のクオリティーといえるバトル演出を堪能できる。「覇王」の名にふさわしいこの一台こそ、今秋の主役筆頭候補だ。

 好評稼働中。

【続きを読む】

  • 【強秘孔ギミック】出現=強リーチ発展となる。その他、秘孔ボタンなど本機では「秘孔」系演出がアツい
  • 【可動導光板フレーム】導光板を2枚搭載。うち1枚は「動く」ため、多彩な液晶演出を実現している
  • 【究極神拳RUSH】10R大当りから突入。ほぼ毎回転小当りに当選し、出玉が増えていく目玉演出
  • P北斗の拳8覇王
  • 究極神拳RUSH.BATTLEMODE共通リーチ
  • ケンシロウリーチ
  • 救世主予告
  • 超強敵ZONE
  • キリン柄
  • 《反逆の蒼き狼たち(天帝ステージ選択時)》市都攻略戦
  • 《反逆の蒼き狼たち(天帝ステージ選択時)》郡都攻略戦
  • 《反逆の蒼き狼たち(天帝ステージ選択時)》囚人護送車攻略戦