2019.9.5 05:00

【新台つまみ食い】究極小当りRUSHは現役最高クラス

【新台つまみ食い】

究極小当りRUSHは現役最高クラス

特集:
新台紹介
現役最高クラス

現役最高クラス【拡大】

 生まれて初めて読んだマンガは、祖母の家の2階、当時おじさんが住んでいた部屋に置かれていた「北斗の拳」でした。

 幼稚園児だった僕は、同じ幼稚園児みたいな背丈のリンが、あおり運転と安全運転の違いについて一切興味がない感じのガラ激悪男に握り潰されそうになってるのをみて驚き、かつ、そんなガラ激悪男がケンシロウに対して高校球児だったら砂を持ち帰る余裕もないほどボコボコにコールド負けを喫するのを見て(読んで?)、「ケンシロウってのはスゴいんだ」と骨身にしみわたった記憶があります。

 あれから20年以上がたちましたが、今度はパチンコ・パチスロの舞台に移ってもゼロアタッカーの出玉感や無双のロングSTなどなど(「DD北斗の拳」も好きでした)常に僕に寄り添ってケンシロウがいかにスゴいかを見せ続けています。

 9月に導入される「P 北斗の拳8 覇王」にも新性能・究極小当りRUSHを搭載しています。シリーズファンの予想に対して(良い意味で)キレイに二指真空把をくらわせた格好と…すいません、何を言ってるのかわかりませんよね。予想の上をいったと言いたかったんですけど…はい、反省してます。

 さて、試打をした感触では小当りは大当り1回分がRUSHだけで増えるレベルで、増え幅は現役最高クラスといっても過言ではないでしょう。確変継続率が66%、バトル1回の重みが楽しさになるスペックで、バトルまでの間も小当りRUSHで楽しめる。最近いい新台がないなぁと感じている打ち手に対して、まさに(これしかない)二指真空把となる台でしょう。