2019.9.5 12:00

【松本ひでおのオフは釣り三昧】海辺の桃源郷・伊根でベラを相手にリフレッシュ

【松本ひでおのオフは釣り三昧】

海辺の桃源郷・伊根でベラを相手にリフレッシュ

桃源郷のようですが、松本アナの現実はこの釣果です

桃源郷のようですが、松本アナの現実はこの釣果です【拡大】

 先日、京都府にある小さな港、伊根町に行ってきました。JR京都駅から在来線で2時間、さらに車で30分。秘境とも言うべきこの地は“舟屋”で有名です。

 港を囲むように、漁師さんたちが水際に建てた古い木造2階建ての小屋。1階が船のガレージ兼作業場で2階が住居。江戸時代に建てられたものもあります。三方を斜面に囲まれて風がなく、真正面に波除けの小島が横たえて海が穏やかだからこんな営みができるんでしょう。

 こちらでは舟屋群の景観を損ねる建造は禁止されているため、町全体が昭和初期のようです。そんな伊根はいま観光地として栄えています。民宿に改造した舟屋が人気なんです。

 夕方、港で釣りをしました。カサゴ狙いでしたが、獲物はベラばかり。周りにはサビキでアジを釣る家族連れや、エギングの若者も。ほとんど物音もなく海面は鏡のように穏やか。海辺の桃源郷です。疲れやストレスがたまったときのんびりするには最適。ただしコンビニひとつないのでご注意を(笑)。(フリーアナウンサー)