2019.8.30 12:00(1/3ページ)

【ヘラブナ】天候不調でも夏バテ知らずのヘラを楽しもう

【ヘラブナ】

天候不調でも夏バテ知らずのヘラを楽しもう

キュキューン! 糸鳴りをさせて竿が弧を描いた

キュキューン! 糸鳴りをさせて竿が弧を描いた【拡大】

 連日の猛暑に加えて局地的な豪雨に見舞われるなど、不安定な天候が続いている。これではヘラブナの食いは今イチ。そんな中、出掛けたのは埼玉県寄居町の『円良田湖』。両ダンゴで良型の強烈な引きが味わえるからだ。型を楽しもうと車を走らせた。

 ★概況

 関越道方面に点在する準山上湖の中でも、魚影の濃さに定評がある。年間を通して最も活性が高く、消し込みアタリの連続でダイナミックな釣りが楽しめるのがこの時期。先週は局地的な豪雨による濁りの影響で、本来の釣りも低調気味。それでも35センチ前後の良型主体に腕をシビレさせてくれる。

 ★釣り方・餌

 この時期は宙釣りがメイン。魚影が濃くどの層にもヘラがいるので、10~21尺まで好みで。餌は両ダンゴでよい。

 ★実釣

 中央ロープの旅館前へ。8舟並んだが、竿は12~15尺と比較的短め。私が出した竿は18尺で、タナは竿いっぱいのチョウチン。

【続きを読む】

  • 黄みがかった肉厚のヘラ。釣れれば良型主体だ
  • 円良田湖(つぶらだこ)の位置図