2019.8.29 05:02(1/2ページ)

【新台実戦】Pリング バースデイ 呪いの始まり 設定付(藤商事)

【新台実戦】

Pリング バースデイ 呪いの始まり 設定付(藤商事)

特集:
新台実戦
新台紹介
(C)1998「リング」「らせん」製作 委員会(C)2000「リング0」製作委員会

(C)1998「リング」「らせん」製作 委員会(C)2000「リング0」製作委員会【拡大】

 今回の新台実戦は、「Pリング バースデイ 呪いの始まり 設定付(藤商事)」に挑戦だ。本機は、映像をすべて実写化し恐怖感を増大。さらに手ギミックを激アツにし、呪いの連鎖突入時のループ率を約79%にするなど初期の頃の魅力も復活させた。リングを初代から打ち続ける実戦人のベガス小池が、驚異のポテンシャルを見せつける。

 ★初代から大好き

 毎度っ、リングは大ヒットした「呪いの7日間」はもちろん、ビデオテープが役物としてど真ん中に置かれた初代機も打っていたベガスです。 今回のリングは、そんな初期の頃のように手ギミックを激アツ化。さらに1種2種システムを採用し、連チャンモードの呪いの連鎖を突入率約56%&ループ率約79%にした高継続機。しかも呪いの連鎖の最後には、ビデオテープが継続の鍵を握るからね。もうリングファンなら、打たなきゃダメだよね!

 というわけで早速実戦開始。本機は大当り確率が6段階設定で、設定1が約319・7分の1なのに対し、設定6だと約199・8分の1と驚異的な差がある。なのでデータを見て、なるべく高設定の挙動を見せる台を狙うのがセオリーなんだよね。ただぶっちゃけてしまうと、この実戦をしたのはお盆休み真っただ中。さすがに高設定っぽい台はないので、適当に空き台に着席。するとわずか3000円投資の66回転目に、画面分裂で金文字が出た画面にクローズアップ。擬似3連から、本機で追加になった期待度約70%の最恐ノ生誕リーチきた~! しかもラストの当落ジャッジが、期待度約68%の恐怖の電話。…え、ハズレ? と思ったら無事に復活演出で大当り~! 通常大当りなので、時短1回転+残保留4個の連鎖への分かれ道で呪いの連鎖突入を目指す。この5回転で女子高生を呪えれば大当りなのだが、出現する女子高生が、モモコ、ユメ、カイラと期待薄の女の子ばかり…。サクッとスルーして単発終了~(涙)。

【続きを読む】

  • 【手落下】おなじみの手ギミック落下は最も大当りに絡みやすい。発動タイミングも重要で期待度約65%
  • 【恐怖の電話】最終局面でボタンではなく恐怖の電話ギミックによる当落告知が発生すると期待度68%に
  • 【最期ノあがき】呪いの連鎖ラスト8~11回転目。4本のビデオが赤ならチャンス、デンジャーは大当り!?
  • 【最恐ノ生誕リーチ】映画で公開された貞子の誕生シーンが展開。期待度約70%の最恐で最強のリーチ演出
  • 【呪いの連鎖運命ノ刻】呪いの連鎖3~7回転。リング0、女子高生、女優の3モードから選び大当り狙う
  • 【呪縛輪廻ノ刻】呪いの連鎖1~2回転。時間内に手が落下すれば大当り。手落下の数だけ大当り
  • 【終焉ノ刻リーチ】井戸から貞子が出てくるシリーズおなじみリーチ。期待度は約50%
  • 【連鎖への分かれ道】初当り後の85%で突入。5回転以内に女子高生を呪えたら大当りで呪いの連鎖へ
  • Pリングバースデイ呪いの始まり設定付
  • 主なリーチ
  • トータルデータ
  • Pリングバースデイ呪いの始まり設定付き実戦データ