2019.8.29 12:00

【竿々学々】千葉県・木更津方面の陸っパリのハゼがサイズアップ!すでに15、16センチ級が多数交じる

【竿々学々】

千葉県・木更津方面の陸っパリのハゼがサイズアップ!すでに15、16センチ級が多数交じる

特集:
竿々学々

 ――師匠、昨日父から聞いたんですが、師匠たち待望の木更津方面の陸っパリのハゼがグンとサイズアップしてきたようですね。

 「おお、俺も昨日、父君からその話を聞いて心中穏やかではない(?)状況だ。先月、少々早いとは思ったんだが、出掛けた時はちょっとガッカリする結果だったんで、心配していたんだが、父君の撮ってきた写真を見てビックリした」

 ――ええ、私もビックリしました。15、16センチ級がズラリと並んでいましたものね。

 「そうなんだよ。先月、俺が出掛けた時には大きくても11、12センチで数も少なかったからな」

 ――間もなく9月ですし、今シーズンも期待できそうですね。

 「おお、お前には何度も言っているが、『ハゼは秋の彼岸から』って言って“本チャン”は来月半ばからだからな。父君の写真を見る限りでは、長さだけではなく、みな太ったハゼだったよな」

 ――ええ、父も『今年のハゼは太いよな~』って言っていました。

 「父君の話では、今回釣ったのは、富津の新富水路ではなく、木更津警察署傍の潮見運河だって仰っていたんで、以前のことを思い出した。もう7、8年前になるが、友人と2人で8月の頭ぐらいに潮見運河に出掛け、15、16センチのハゼを入れ食いで釣ったことがあった。その後は、新富水路の方が数、サイズともいい年が多かったんで、シーズン前半に行くことはなくなったんだが、父君の釣果を見てその年のことを思い出したってわけだ」

 ――それじゃ、久しぶりに潮見運河に行きましょうよ。確か、あそこは新富水路と違って立ち込む必要はなかったですよね。

 「ああ、右岸側には、幅2メートルほどのテラスがあるので、サンダル履きでも楽しめる手軽な釣り場だ」

 ――父は、今回、ミャク釣りでやったそうですが、ウキ釣りよりもいいんですか。

 「さすが、父君だ。あそこは足場の高い所から下を釣る形になるので、縦に釣れるミャク釣りの方がアタリが取りやすい。もちろん、ウキ釣りでも問題はないが、合わせが少し遅れることが多くなり、ハリをのまれる場合もあるからな」

 ――な~るほど。アタリがダイレクトに取れるミャク釣りの方が、合わせの遅れは少ないですよね。私も今回はミャク釣り用の竿を持って行きますね。

 「おお、俺の和竿を貸してやってもいいぞ」

 ――えっ、本当ですか。楽しみにしています。

 「来週末あたりにもう1度行きませんか-と父君に伝えておいてくれ」

 ――ハイ。分かりました。