2019.8.27 12:00(1/2ページ)

本ガツオ上昇、ようやくコマセに反応!日並み次第で2桁も 相模湾

本ガツオ上昇、ようやくコマセに反応!日並み次第で2桁も 相模湾

船中最大4.8キロの本ガツオ。相模湾でアツくなろう

船中最大4.8キロの本ガツオ。相模湾でアツくなろう【拡大】

 アツい夏に拍車を掛けるように相模湾のキハダと本ガツオが熱い! 例年通り黒潮に乗ってやってきた通称“マグカツ”。やっとコマセに口を使うようになり相模湾一帯で盛り上がってきた。30キロ超のキハダや5キロ超の本ガツオも姿を見せ、日並み次第では2桁釣果も登場し、アングラーを熱くさせている。今年はいかに? 神奈川県横須賀市・長井新宿『栃木丸』へ向かった。

 出船すると、栃木拓船長は迷うことなく船を相模湾中央へ走らせた。群れを捉えている僚船がいるのだろう。約40分後、船団が見えた。「そろそろやるので準備して」とアナウンスが聞こえたと思ったらすぐに「20メートルでやって」と開始の合図。群れを追い掛け先回りして急停止が定番だと思い込んでいたのであたふたしながら投入した。

 22メートルまでビシを沈めて強めに2回コマセを振り20メートルでロッドキーパーにセット。おや? 竿先がピコピコの瞬間ズドーン。うそー! 竿を手に持つこともできず、キーパーに置いたまま電動のスイッチをオン。ドラグが出ていく。10メートル走って止まった。

 すぐさまリールをフルに巻く。遊ばせるとハリが外れるのでテンションは必ず掛けておくのが重要だ。2回目の引き込みを交わす。テンビンが見えた。その先でコバルトブルーが鮮やかな本ガツオが泳ぐ。船長が玉網でキャッチ。船中1号を開始3分でゲット。3キロ前後のまずまずなサイズだ。次の流しで同型が連続ヒットした。

 トモの秋元恭彦さん(59、横浜市)にヒット。手慣れたやり取りで3キロ前後を難なくキャッチ。「普段はイカばかりですが、この時期はやはりマグカツ」と笑う。その後、大きく竿を曲げた。船中最大4・8キロのメタボだった。

 船は群れを追って移動。群れの動きは速く、一瞬の勝負だ。船下を通過と同時に仕掛けが入らないとカツオは見向きもしてくれない。ハマると指示ダナ到着数秒で竿が海面に刺さる。移動後、3本目をキャッチした。

 直後、両ドモでダブルヒット。オマツリもあり無念のバラシ。「キハダかも」と悔しそう。そこへ、ミヨシで「キハダ」の声。糸がどんどん出ていく。1時間格闘したが姿は見られなかった。

 釣果は0~3本だったが、魚影の濃さは折り紙付き。良い日に当たればクーラー満タンで早上がりなんてあるかも。 (APC・小菅義弘)

【続きを読む】

  • 小菅さんが仕留めた2.6~3キロの本ガツオ。新鮮なカツオは釣り人の特権だ
  • 本ガツオとキハダを狙う船団。途中キハダが跳ねるナブラも見られた
  • ヒット!このファイトがたまらない
  • 当日の仕掛け