2019.8.23 12:00(1/2ページ)

【よしもと釣り部通信】餌木タコ初挑戦 根掛り気にして明暗くっきり!?

【よしもと釣り部通信】

餌木タコ初挑戦 根掛り気にして明暗くっきり!?

釣っていきなり踊り食い?! 初マダコに歓喜の左から信清、松下

釣っていきなり踊り食い?! 初マダコに歓喜の左から信清、松下【拡大】

 千葉市・千葉港『守山丸』さんで、マダコ&アジのリレー釣りをしてきました。店主は僕が勝手に兄貴と慕う金子輝人船長。こわもてですが、非常に優しい方。そして今年はタコの当たり年。期待を胸に、釣り部の海釣り大好きサンシャイン信清と乗り込みました。

 川崎沖の水深7メートルでスタート。タコ餌木にダウンショットのオモリ5号を付け、底を狙います。開始直後、お互い竿がしなり、驚きと歓喜に満ちた表情で目を見合わせます。が、お互い根掛かり。餌木を1つずつなくし、先ほどの笑顔が嘘のような真顔で見つめ合います。というのも、初挑戦の僕たちが持っていた餌木は2個ずつ。いきなり崖っぷち。さらに潮の流れが速く、根掛かりしやすい。絶体絶命です。

 チキンハート松下は、餌木をチョンと根に付けてはすぐに浮かす弱腰な釣り。どんな場所でもギャグを放り込む鉄のハート信清はガンガン根を狙い続け、根掛かりしては外すの繰り返し。

 餌木がなくなったら終わりやのに…と思っていると、信清の竿がしなります。君は終わりだと思ったそのとき、「それ来てるよ」。金子船長が操船室から顔を出します。

 出ました、マダコです。ここでやらなきゃ男が廃る。根に餌木をビタ付けして誘う。直後、釣りの神様はいました。竿がしなります。船長が操船室から顔を出します。

【続きを読む】