2019.8.22 12:00(1/2ページ)

夏の桃太郎もありさ!超高級魚“鬼カサゴ”退治成功

夏の桃太郎もありさ!超高級魚“鬼カサゴ”退治成功

やっと出会えました 400グラムの鬼カサゴを退治です=三浦半島・城ケ島沖

やっと出会えました 400グラムの鬼カサゴを退治です=三浦半島・城ケ島沖【拡大】

 ♪鬼さんこちら手のなる方へ~と迫力満点の厳ついフェースでやって来るのは、夏の日差しで真っ赤に映える鬼カサゴ。冬のイメージが強い魚ですが、神奈川県三浦市・三崎港西口『えいあん丸』では一年中狙えるターゲットだ。ハピソンガールの鈴原ありささんが必死の誘いで超高級魚を手招き。城ケ島沖で熱い戦いもありさ!!

 夏の鬼退治に行ってきました。午前8時に出船。すでに太陽がジリジリと照りつけ、とても暑い。海の色はいつもと違って不思議な青色です。小笠原義勝船長に聞いてみると、「この海の色はあまり良くないね。潮が悪い」。あれれ、これは厳しい鬼退治? でも厳しい中、成功すれば喜びもきっと大きいはずだ。

 ポイントまでは約20分。城ケ島沖で釣り開始です。餌はサバの切り身。皮の方からチョン掛けし、セット完了。水深100メートルに仕掛けを送り込みます。オモリが底に着いたら、すぐに糸フケを取ります。そこからゆっくり1メートルほど上げ、またゆっくり下ろしていきます。タナがどんどんと変わるので、マメに底を取り直すのがポイント。また、時々大きく誘ってあげるのも効果的です。

 しかし、反応なし。潮の流れも速く、何回もオマツリしたり根掛かりしたり。リズムが悪くなかなかうまくいきません。でも一緒に乗船していた若船長の拓磨さんがトラブル発生のたびにすぐ駆けつけてくださるので、ビギナーの方でも安心して乗船できます。

【続きを読む】

  • 突き刺さるような日差しに負けず誘い続けます
  • こちらは船中最大の900グラムトゲには毒があるので注意を
  • 鬼退治成功にVサインがでた左から小笠原義勝船長、ありささん、拓磨船長
  • 当日の仕掛け