2019.8.22 12:00

【竿々学々】東京湾のマゴチが絶好調!神奈川県側の海釣り施設でも60センチオーバー

【竿々学々】

東京湾のマゴチが絶好調!神奈川県側の海釣り施設でも60センチオーバー

特集:
竿々学々

 ――師匠、むちゃくちゃ暑いですが、体調は大丈夫ですか。

 「ああ、ありがとうよ。たしかにハンパじゃなく暑いが、今のところ大丈夫だ。この間もマダコ釣りに行ってきた」

 ――ええ、父に聞きました。たくさん釣れたそうじゃないですか。

 「おお、朝の出掛けに近所のおばさんとバッタリ会って『あら、釣りですか』って言われ、『釣れたら届けます』ってことになっちまった。結局、3杯持って行ってやって喜ばれたけどな。ところで、今日は何なんだ」

 ――彼に聞いたんですが、東京湾の“照りゴチ(マゴチ)”が絶好調だそうですね。

 「おお、横浜方面の船宿が専門の乗合船を出しているが、ついこの間もトップ16匹なんて大釣りを記録したし、何より驚くのは、『磯子海釣り施設』、『本牧海釣り施設』、『大黒海釣り施設』なんかでも毎日のように60センチオーバーの大型交じりでガンガン釣れていることだ」

 ――そうなんですってね。実は彼は、その『磯子海釣り施設』でルアー釣りをやって50~60センチを5匹釣ってビックリしたそうなんですよ。

 「ほう、そりゃすごいな。1匹や2匹釣れることはあるだろうが、1人で5匹とは乗合船並みの釣果だよな」

 ――ええ、しかも彼だけじゃなくて、その日は釣り場全体では相当数のマゴチが釣れていたそうですよ。

 「お前が言うように“照りゴチ”って呼ばれるくらいで真夏が旬の魚だが、一時は釣果が落ち気味になって『今シーズンは、ここまでかな…』って感じになっていたんだが、ここに来て完全に復調したな」

 ――彼も同じことを言っていました。その釣り場には、もう何回か通っていたみたいなんですが、一時は全く釣れなくなってしまったそうです。釣り船では、もう間もなくハゼ餌がスタートしますよね。

 「おお、もう10センチ級のハゼも釣れ出したんで、すでにハゼを使っているところもあるようだが、9月になればハゼ餌が主流になるな。そうなれば釣り船の釣果もさらに伸びそうだな」

 ――ということは、今シーズンはまだまだ期待できそうってことですよね。

 「ああ、少なくとも9月いっぱいは楽しめそうだな」

 ――私、ハゼ餌のマゴチ釣りってちょっと苦手なんですが、今シーズンはモノにしたいと思っているんですよ。

 「おお、本牧の船宿でハゼ餌が始まったら行ってみよう。60センチオーバーを1匹釣ってくれば、うまい刺し身が食える」

 ――ぜひ行きましょう。

 「父君にもそう言っておいてくれ」

 ――はい。分かりました。