2019.8.21 12:00(1/4ページ)

アカイカ手ごわい!きくりん突撃参戦 アタリ取る難しさを実感/関西フィッシング

アカイカ手ごわい!きくりん突撃参戦 アタリ取る難しさを実感/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
「イカメタル甲子園」予選に参戦した菊池雄一さん 24日の決勝進出者にエールを送った(撮影・山本佑)

「イカメタル甲子園」予選に参戦した菊池雄一さん 24日の決勝進出者にエールを送った(撮影・山本佑)【拡大】

 ハヤブサのきくりんこと菊池雄一さんが10日、「サンスポ杯イカメタル甲子園2019」に突撃参戦した。和歌山・湯浅から出船する「玉市丸」(梅野宜則船長)で、予選参加18人の狭き門に挑戦。台風前のうねりの中で、アカイカのアタリを取る難しさを実感した。イカメタルのきくりん流ガイドとともにご一読ください。

 8月10日(土)に行われました、玉市丸さまでのイカメタル甲子園予選に選手兼リポーターとして乗船してきました。

 午後3時30分に集合をして、受付を済ませた18人で記念撮影後、乗船し沖に向け出船。ポイントに付いたのは6時すぎくらい。水深は85メートル。前には徳島県伊島が見える沖あいにてスタートフィッシング。

 しばらくして大トモのアングラーの方にヒット。幸先よくアカイカがヒットするも、その後、沈黙が続きます。8時30分をまわり、ポツポツとアカイカがヒットするも時合らしいタイミングはなく厳しい状況です。

 私自身はなにをしてもアタリが出せず、出たと思うと魚やスルメイカのバイトのみ。10時前になり、潮が反転して上り潮に変わったタイミングで、ようやく船中が少し賑わいはじめました。

 なかでも右舷胴の間の山本和人さんと左舷大トモの大谷康典さんの2人は、ラッシュとまではいかないものの、コツコツとアカイカを釣りあげられていきます。2人の釣りを興味深く観察すると、共通点と違う点が混在する状況でした。

【続きを読む】

  • 山本和人さん
  • 大谷康典さん
  • 佐々木洋三さん
  • 竹本大歩巳さん
  • きくりんのイカメタルタックル
  • 「サンスポ杯イカメタル甲子園2019」決勝進出者