2019.8.20 12:00(1/2ページ)

夏ダコ、ドカン!餌木やソフトルアーで竿釣り 東京湾・富岡沖でオクトパッシング

夏ダコ、ドカン!餌木やソフトルアーで竿釣り 東京湾・富岡沖でオクトパッシング

写真(1)

写真(1)【拡大】

 【朝比奈伸幸の“真”釣法】約30年ぶりの大当たり年を体感するラストチャンス! 横浜市・八幡橋『鴨下丸』の夏のマダコは終盤を迎えて依然好調だ。テンヤの手釣りだけではなく、餌木やソフトルアーを使った竿釣りが関東に定着。今回はこのオクトパッシングに絞って、川名睦船長とともにガイド。竿ならではドカンの手応えを味わいたいなら急行しよう。

 ★釣りたい人は早く!

 釣り場は富岡沖などの水深10メートル前後。当日は潮況が今ひとつながらボツボツとノって=写真(1)、0・3~1・8キロを0~13尾(オデコ1人)と上々。竿釣り初挑戦の女性も9尾と大奮戦だった=同(2)。「秋になるとタコが産卵態勢に入ってノリが悪くなるのですが、釣況と希望次第で継続します。9月以降は要連絡で、とにかく早めの釣行がベスト」と、船長は話す。

 ★硬めの先調子竿で

 タックルの概要は別図を参照。「エギタコ」の名で専用竿も出ているが、2メートル前後で胴が太く強い硬めの先調子竿なら大体流用できる。今回テンヤ釣りのスミイカ竿を使ったが、操作性も良く、1・8キロのマダコも余裕でリフトできた。リールはボディー剛性が高い両軸。キャスト機能があればベストだ。

 ★アピール作戦

 仕掛けはタコ用餌木の2個付け=同(3)右=以外に、ソフトルアー(ワンナック製「デビルシリーズ」)=同(3)左=もあり、白、赤、黄色系は安定の実績カラー。捨て糸を餌木の大きさに合わせた長さで付けると根掛かりしにくく、装飾ビーズを通すと絡み防止とアピール力アップになる。

 集器やタコベイトの併用を含め、常に自身の道具を生かす選択、組み合わせを考える。当日は餌木に臭いをつけるスプレー=同(4)右=や、鶏の皮を輪ゴムで付けた餌木=同(4)左=で連発する人も。「餌木は安い物で十分。接続器具も親子サルカンにルアー用のスプリットリングを使って簡単に作れます=同(5)。根掛かりしても惜しげなく使える道具を用意してください」と船長。

【続きを読む】

  • 写真(2)
  • 写真(3)
  • 写真(4)
  • 写真(5)
  • 写真(6)
  • 竿釣りのマダコ標準仕掛け