2019.8.14 05:02(1/2ページ)

【新台】Pすしざんまい極上5700(豊丸)

【新台】

Pすしざんまい極上5700(豊丸)

特集:
新台紹介
(c)つきじ喜代村すしざんまい

(c)つきじ喜代村すしざんまい【拡大】

 マグロの初競りでおなじみ「すしざんまい」の名物社長、木村清氏が極上の出玉を用意して「Pすしざんまい極上5700(豊丸)」でパチンコ業界へ堂々の参入!? 東京・豊洲から直送された新鮮なネタの落札価格は、一撃“5760個”。大当り消化後はおかわりもありで「ネタよし! 味よし! 値段よし!」の大盤振る舞い。おなか(出玉)いっぱいになること請け合いかも。

 コアなファン層

 独特の世界観でコアなファン層を獲得し続ける豊丸と、日本全国に展開している一大すしチェーン「すしざんまい」が異業種タッグを組み、鮮度&満足度抜群の一台をリリースする。

 本機は餃子の王将の流れをくむ役物タイプで、大当り時は電チューとアタッカーの連動により、一撃約5760個の出玉を獲得できる。役物の基本的な構造は同じだが、江戸前すしらしく役物にはひと仕事加えられており、入賞をサポートする「ちょいアナGO」を初搭載。バランギミックに弾かれた玉が「ちょいアナGO」に入賞すると、始動口のチューリップが次回入賞まで開放され、入賞率アップを見た目でも確認できる。

 モードは3種類

 演出は初級・中級・超級の3種類があり、選択したモードによって変化する。大当りは2R×48回1セットで、消化後はおかわりタイムの期待度を示唆する備蓄チャレンジを経て、おかわりタイムに突入。おかわりタイム中の大当り期待度は約10・9%で、3種類の演出から選択できる。

 ホール導入は19日から。勝利をゲットして、すしざんまいで舌鼓を打とう!

 おかわりタイム

 チャンスは最大4回ある。演出は3つから選択可能。

 《備蓄チャレンジ》 大当り後に社長が登場し、ボタン連打でマグロ保留を育てる。マグロの大きさとエフェクトの色で信頼度が変化する。

【続きを読む】

  • ちょいアナGO
  • 大トロギミック
  • 茶柱ランプ
  • 【巻物変動予告】職人が巻物を巻くとボタンが出現。ボタンの大きさや文字などの種類で期待度を示唆
  • 【競りリーチ】ターレーの運転手があがりちゃん、マグロが大トロ握りや特上マグロなら期待度アップ
  • 【CMリーチ】初級リーチの中では最強信頼度のリーチで、すしざんまいのCMが展開されていくぞ
  • 【あがりちゃん変動予告】あがりちゃんの衣装や注文の内容で信頼度が変化。注文プレートに注目だ
  • 【仕込み変動予告】職人がネタを切りボタンが出現。ボタンの大きさや文字の種類により信頼度が変化
  • 【図柄停止予告】上級モードで発生する演出。スベリや戻りだけではなく、コマ送りや高速変動もある
  • Pすしざんまい極上5700
  • リーチ信頼度
  • (c)つきじ喜代村すしざんまい