2019.8.7 12:01(1/2ページ)

アカムツシーズン本番へ 超高級魚、42センチ出た!

アカムツシーズン本番へ 超高級魚、42センチ出た!

船中最大42センチのアカムツ。このサイズは感動モノだ=茨城・波崎沖

船中最大42センチのアカムツ。このサイズは感動モノだ=茨城・波崎沖【拡大】

 茨城・波崎沖のカンネコ根のアカムツが上昇傾向だ。いよいよシーズン本番を迎え、今後も期待は膨らむ。超のつく高級魚だけに、1尾でも釣れればうれしさは格別だ。6月1日からサンスポ推薦船宿会に新規加入した茨城県神栖市・波崎『東洋丸』に乗ってポイントを目指した。

 ★本命が次々到来

 ベタナギの中、アカムツファン5人とともにカンネコ根と呼ばれる波崎沖のポイントに向かった。ここの魅力は水深が浅いこと。120メートル前後で手軽にアカムツ釣りが楽しめるのだ。釣り人たちはそれぞれ工夫を凝らした仕掛けを準備している。水中ライトやタコベイト、マシュマロボールなど色とりどりで面白い。

 石橋敏男船長の合図で釣り開始だ。まずはサバの大歓迎。シンプルな仕掛けの私にもダブルで掛かってくるから困りものだ。船長は早い決断ですぐ移動。ベテラン勢は状況に応じて仕掛けを変化させていく。そして餌の付け方にもひと工夫。船宿支給のホタルイカに持参は定番のサバの切り身。2本バリにミックスさせたり、どちらかに絞ったりと考えることはたくさんある。

【続きを読む】

  • 手持ちで誘え。あの手この手で攻略だ=茨城・波崎沖
  • こちらも良型。カンネコ根は、超高級魚との距離が近い
  • 石橋敏男店主
  • 当日の仕掛け