2019.7.30 12:01(1/2ページ)

シロギス、連日束超え 産卵期で干潟に大集結!

シロギス、連日束超え 産卵期で干潟に大集結!

ダブルを連発し、自己記録更新させた小菅さん。白い歯がこぼれます=東京湾・盤洲

ダブルを連発し、自己記録更新させた小菅さん。白い歯がこぼれます=東京湾・盤洲【拡大】

 長雨の梅雨がやっと明けた。夏の陽気になると、俄然元気が出てくるのが、東京湾・盤洲にシロギスだ。毎年この時期になると、盤洲干潟へ産卵を目的に大集結してくる。7月に入り、釣果はうなぎ上りだ。連日束超えの情報を聞き、自己記録を更新しようと、東京都江東区・葛西橋『荒川屋釣船店』へ出掛けた。

 梅雨明け前の雨の中、船はアクアラインをくぐり、盤洲に到着した。石井克典船長から開始の合図。「水深8メートル。ここから流します。どうぞ」。超が着く浅場で開始だ。

 青イソメの頭を落としてタラシを2センチほどにする。テンビン仕掛けの2本バリをセットし、前方へ軽くキャスト。潮が速く、仕掛けが後方へ流れていく。糸フケを取ってテンションを掛けると、すぐに魚信が伝わった。

 竿を立ててきき合わせると、重みが加わる。巻くリールのハンドルが重い。潮の流れがさらに重みを増す。2つの魚影が見えた。幸先良く14、15センチのシロギスの一荷。小ぶりだが、パールピンクの魚体は産卵しそうなほど丸々太っている。

 周囲も好調。評判通りの食いっぷりにテンションが上がる。自己記録(138尾)更新を狙って手返しを重視。餌はなるべく再利用し近場にキャストする。あとはいかに追い食いさせてダブルで釣るか。

 食いが少々落ちると、船長は元のポイントへ船を戻す。群れが固まっている場所があるのだろう。入れ食いモードに突入するところがあり、ダブルの6連チャン。追い食いのさせ方が分かってきたような気がする。勝手に一荷になるときもあるが、狙って釣れたときの満足感がたまらない。

【続きを読む】

  • 超浅場だけにアタリもダイレクト
  • 竿頭の伊東さんは貫禄の182尾
  • 自己記録更新の140尾
  • 当日の仕掛け