2019.7.17 12:00

「芦ノ湖ショア・バスフィッシング大会」赤坂正幸さん2080グラムで優勝

「芦ノ湖ショア・バスフィッシング大会」赤坂正幸さん2080グラムで優勝

大人の部の表彰台に立つ左から4位の伊藤康宏さん、2位宮崎倫行さん、1位赤坂正幸さん、3位細井隆さん、5位いわさきひろみさん

大人の部の表彰台に立つ左から4位の伊藤康宏さん、2位宮崎倫行さん、1位赤坂正幸さん、3位細井隆さん、5位いわさきひろみさん【拡大】

 神奈川・芦ノ湖の元箱根湾で13日、「第5回芦ノ湖ショア・バスフィッシング大会」(サンケイスポーツなど後援)が行われた。ブラックバス最大型1尾の重量制で競われ、陸っぱりで248人がルアーを投げた。

 大会に向けて放流されたものの、連日の雨などで気温が上がらず、活性は今イチ。それでもポークのダウンショットリグなどで次々と大型がヒットし、129尾が検量に持ち込まれた。2080グラムで優勝した赤坂正幸さん(43、伊豆の国市)はバス歴18年で「ボートが通って、引き波が来たところでボイル打ち。一番でかいのが釣れるとはまさかです」と喜んだ。よしもと釣り部から官兵衛伊藤(33)が参戦したが、笑いに走ったのか(?)約10センチのヨシノボリを釣るのが精いっぱいだった。

 サンスポ推薦『やまき』店主で、本紙APCの山木一人さんは「今年は気温が低く、7月末~8月頭ぐらいになればよく釣れるでしょう。トップウオーターでも楽しめますよ」と夏休みシーズンに太鼓判を押した。

 他部の優勝は以下の通り▼女性の部=いわさきひろみ、1263グラム▼子供の部=板垣幸太、1143グラム(敬称略)

  • バスは釣れず、ヨシノボリだけしか釣れなかった官兵衛伊藤