2019.7.11 12:00

【竿々学々】東京湾のタチウオが好調!120cmオーバーの大型も!

【竿々学々】

東京湾のタチウオが好調!120cmオーバーの大型も!

特集:
竿々学々

 ――師匠、依然として東京湾のタチウオが好調なようですね。年明け頃に『今シーズンのタチウオは大型が多い』と伺いましたが、今でもサイズはいいんですか。

 「ああ、今シーズンは、西日本地区のタチウオが全般にパッとしない状況が続いているが、東京湾は数、サイズともに申し分ない状況が続いている。未だに120cmオーバーがしょっちゅう顔を出しているし、130cmを超える“ドラゴン級”も上がっているからな」

 ――冬に出掛けた時にはルアー釣りで狙ったんですが、父から聞いたんですが、餌釣りも好調だそうですね。

 「おお、その通りだ。基本的には、ルアー船と餌釣り船は別々に出ているが、船宿によっては同じ船でどちらもできるところもあるんだが、釣り方による釣果の差はあまりないようだな」

 ――それって魚影が物凄く濃いってことですよね。

 「そういう事だと思う。勿論、潮具合などで食いがいい日も悪い日もあるんだが、釣り方で極端に釣果に差が出る事は少ないようだからな」

 ――タチウオってあの魚体からは想像もできない程強烈な引き味を楽しませてくれますよね。

 「おお、1mを超えるサイズになると、何が掛かったかと思うような強烈な引き込みをするモノも少なくないからな。あの強烈な引き込みもタチウオ釣りの魅力の一つだよな」

 ――父に聞いたら、ここにきて釣れるタナが浅くなったって言っていましたが、そうなんですか。

 「ああ、ここにきて釣り場の水深自体が浅くなってきているからな。水深50mラインでも好釣果が上がり出したからな」

 ――水深50mですか。それなら随分と楽ですよね。年明けに行った時には水深100mラインでしたから。

 「50mラインと100mでは、手返しの時間が圧倒的に違うからな。それに浅いタナの方が引き味もより強烈になるしな」

 ――ですよね。私、タチウオの餌釣りって好きなんですよね。同じ船でルアー釣りと餌釣りの出来る船を紹介して下さいよ。彼を誘って行ってきますから。

 「おお、分かった。紹介してやる。その代わりデカめのやつを2匹ばっかり土産に持って来いよ。タチウオの炙りが食いたくなった」

――タチウオの炙りですか、あれ美味いですよね。分かりました。必ずお裾分けします。