2019.7.10 12:00(1/2ページ)

釣った魚でコース料理 釣り人の夢プラン誕生/関西フィッシング

釣った魚でコース料理 釣り人の夢プラン誕生/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
白浜の「代々丸」から心斎橋の「台所屋ケンちゃん」に直行した平井憲さん(中)。とれとれの食事会にカンテレ村西利恵アナ(左)、住田美緒さん(右)をご招待

白浜の「代々丸」から心斎橋の「台所屋ケンちゃん」に直行した平井憲さん(中)。とれとれの食事会にカンテレ村西利恵アナ(左)、住田美緒さん(右)をご招待【拡大】

 五目釣りといえば手軽なファミリーフィッシングを想像する。今回紹介するのは和歌山・白浜町富田浦袋港の「代々丸」(●(=さんずいにウかんむりに眉の目が貝)本浩二船長)が提案する中深海の五目釣り。水深200メートルを超える深場でレンコダイ、クロムツ、アカムツ等をライトタックルで快釣。釣った魚はその日のうちに大阪市内の人気店でコース料理にしてもらえる。手軽で美味な一日を、がまかつフィールドテスター、平井憲さんが体験した。

 白浜で自分が釣り上げたクロムツやアカムツを、その日のうちに大阪でプロに料理してもらい家族や友人に食べてもらう。釣り人にとっての夢プランが誕生した。

 そのためにはまず、魚を釣らなければならない。午前5時30分に富田浦袋港に集合し、6時出船。30分ほどで白浜沖水深150~300メートルのポイントに到着した。

 2~3時間ほどで早々に中深海で五目釣りを達成し、大阪の心斎橋に向かう計画だ。食事会ゲストに弟子の釣り女師コラムニスト、住田美緒さんを“予約”。レンコダイ、サバ、ユメカサゴ、クロムツと「四目」は早々に顔を出してくれたが、あと一目が…。

 釣り始めて3時間、水深は約300メートル。エサはサバ切身、イカ切身、サンマ切身をチョン掛けする。船長の合図で200号のオモリから投入。リールカウンター290メートルほどで着底し、ラインの出が止まる。リールのクラッチを入れ底ダチを正確にする。水深が徐々に深くなるのに合わせ、オモリが海底を叩く位置をキープする。

【続きを読む】

  • レンコダイ
  • 平井さんのライト中深海タックル
  • レンコダイ4匹、サバ9匹、ユメカサゴ6匹、クロムツ11匹、カゴカマス1匹でミッション達成
  • クロムツ(左)とユメカサゴ
  • クロムツのアクアパッツァ
  • レンコダイ煮付け
  • 焼きサバ御飯
  • 「台所屋ケンちゃん」この日のメニュー
  • 代々丸