2019.7.10 12:00

【松本ひでおのオフは釣り三昧】“釣り人あるある”涙の悲劇

【松本ひでおのオフは釣り三昧】

“釣り人あるある”涙の悲劇

絶好調のタチウオとは対照的な松本アナ

絶好調のタチウオとは対照的な松本アナ【拡大】

 ツイてない日ってありますよね。この日は朝から雨。予定していたタチウオ釣りを断念したのですが、ほどなく雨が上がったので、青物が好調な横浜・本牧海づり施設へ。ところがここから先は悪夢でした。

 まず釣り場に着いた途端、また雨。売店でカッパを着て桟橋へ。見れば先端の何人かの竿にシコイワシが鈴なりで掛かっています。よしチャンス! しかし、ここで“釣り人あるある”が炸裂(さくれつ)です。

 私が釣り始めた途端、アタリがピタッ。やがて今度はお隣さんの竿がしなりました。大物です。気のいい私(自分で言うか!)は玉網入れを手伝うことに。ところが、こんなときに限って私の竿にアタリが。玉網を持っておろおろしていたら、お隣さんと私の竿がオマツリ。大サバの仕業でした。

 どうにかほどいてリールを巻いたらまだ魚は付いていました。25センチほどのコノシロです。まぁ釣れればいいかと引っこ抜いた瞬間にポチャン…。以降アタリはなく雨も強くなり昼前に納竿。涙、涙の巻でした。 (フリーアナウンサー)