2019.6.13 12:00(3/4ページ)

外房・飯岡~外川地区1日解禁 ヒラメ開幕ダッシュ!最大2・3キロに笑顔も満開

外房・飯岡~外川地区1日解禁 ヒラメ開幕ダッシュ!最大2・3キロに笑顔も満開

船中全員が本命ゲット。好発進だ

船中全員が本命ゲット。好発進だ【拡大】

 続けてクンクンのアタリ。かわいいサイズが上がってきたので、再会を約束してリリース。流し替えるたびに誰かしらの竿が曲がり、午前8時半には全員が本命をゲット。ラストを飾ったのは、東京・四谷三丁目で居酒屋「いっちゃん」を営む真田将司さん(40、新宿区)。「新鮮な魚はお客さんにも人気で喜ばれます。週1、2回はこの船で仕入れです」と笑いながら食材確保だ。

 船長は「型狙いに行ってみましょう」と浅場に船を向けた。根掛かりに注意しつつ、竿を上げた瞬間、ギュンとひったくるアタリ。ドラグからラインを出した引きは残念ながらサメ。そんな自分をよそに、村上さんの竿が大きく曲がる。この日最大の2・3キロが浮上した。キロ超を順調に積み上げたのちの良型はお見事だ。

 この後、小さいアタリを拾って2枚追釣するものの、なぜか私はキロ以下ばかり。最後に良型のメバルに癒されてタイムアップとなった。全体では0・4~2・3キロを2~6枚で、トップが2人。終わってみれば解禁直後に見られるような好釣果となった。これから徐々に夏の海へと変化していく飯岡沖は、夏ビラメ本番に向けてチャンス拡大中だ。 (APC・森川共也)

【続きを読む】

  • 船中最大2・3キロのヒラメ。このサイズが上がれば笑顔が咲きます=外房・飯岡沖
  • やった~!ヒラメがネットイン
  • 『三次郎丸』は常時2隻体制
  • 当日の仕掛け