2019.6.12 12:00

【松本ひでおのオフは釣り三昧】アレコレ挑んでみたんですが…

【松本ひでおのオフは釣り三昧】

アレコレ挑んでみたんですが…

臨機応変に対応した松本アナだったが…

臨機応変に対応した松本アナだったが…【拡大】

 横須賀は大津沖でボート釣りをしてきました。「アジはまずまず。タチウオの反応もあるみたい」とボート店の女将さん。タチウオ!? いいねぇ♪ 早速サバの切り身も購入しました。

 猿島の手前、通称ガレ場と呼ばれる水深24メートルで糸を垂らします。潮が流れないせいか、案の定アタリなし。やがてシャクリを繰り返していた竿に“ガツガツ”と来たのですが、残念ながら掛けられず。なんとそれ以降は一度もアタリがなく餌切れ。オデコか…。

 サンスポスタッフの困惑する表情がよぎります。手ぶらでは帰れない。何か釣らなきゃ! ということで、岸近くでシロギス狙いに変更。アジ用の青イソメが少し残っていたのです。

 しかし、そこでもアタリは皆無。おまけに、アカクラゲの触手が仕掛けに次々まとわりつく始末。外すとき、指先がチクチク痛みます。あぁ、悔しいけど惨敗だ…。

 帰港後、「潮が濁っていたから、少し浅い方が良かったかな」と女将さん。あとの祭りです(涙)。 (フリーアナウンサー)