2019.6.10 12:00

【爆釣大作戦】茨城・鹿島沖のマゴチ、好スタート!

【爆釣大作戦】

茨城・鹿島沖のマゴチ、好スタート!

特集:
爆釣大作戦

 茨城・鹿島沖のマゴチが好スタートを切った。東京湾では、この時期は活エビ(サイマキ=小型クルマエビ)餌を使うのが一般的だが、ここではワームを使った釣り方が中心。今のところトップで5、6匹の釣果だが、全般にサイズは良く、60センチを超える大型も毎日のように顔を見せている。鹿島港の船長の話では、「魚影は濃い」との事なので、シーズン本番の夏に向けて今後が大いに楽しみだ。

 【おすすめタックル】

 ◆竿=全長1・5~2メートル前後で少し先調子の竿が好適。

 ◆リール=小型両軸型。道糸はPEライン1~2号を200メートル巻いておく。

 ※茨城・鹿島港周辺の船宿から乗合船が出ている。釣果欄参照。