2019.5.31 19:08(1/4ページ)

【取材】激熱ハズレは減っていく!? 遊技機液晶ソフト会社で開発秘話を聞いてみた

【取材】

激熱ハズレは減っていく!? 遊技機液晶ソフト会社で開発秘話を聞いてみた

激熱ハズレは減っていく!? 遊技機液晶ソフト会社で開発秘話を聞いてみた

激熱ハズレは減っていく!? 遊技機液晶ソフト会社で開発秘話を聞いてみた【拡大】

 近年のパチンコ・パチスロの液晶演出って本当に凄いですよね! ド派手な予告、スリリングなリーチから大当たりを射止めた瞬間は最高に気持ちいいものです。映像自体も進化していて、光や炎のエフェクト一つとっても、一昔前とは比べ物にならない豪華さ。その分、激熱ハズシをくらった時のショックもなかなかのものなんですが……。

 ここで、いくつかの疑問。年々進化を続ける液晶演出は、一体どんな風に作られているのでしょうか? 演出のトレンドとは? そして、映像が派手になればなるほど、激熱ハズレは増えそうだけど、そこんところどうなの?

 これらの疑問を解決すべく、P-Summa編集部は遊技機液晶ソフトの企画・開発を手掛けている株式会社ディレクションシーズに取材を申し込んでみました!

 同社アートディレクターの中西さんにお話を伺います!

■遊技機液晶ソフトの企画・開発とは?

 ――本日はよろしくお願いします。早速ですが、遊技機液晶ソフトの企画・開発とはどのようなお仕事ですか?

 最初にメーカー様から遊技機の企画概要や演出の大まかな指示を頂き、こちらで演出の見せ方・構成などを練って絵コンテを提出し、すり合わせを行います。次に、個々の演出や一連の流れなどをまとめた「ビデオコンテ」を提出。コンテにOKが出たら、2D素材や3DCGアニメーションを作り、「コンポジット」という作業で各素材を組み合わせて、完成品として納品します。要するに映像演出に関わる全てです。

 ――映像演出って、遊技機メーカーが全部作っているわけではないんですね。ちなみに、雑誌や攻略サイトを見ると演出の「信頼度」が載っていますが、メーカーからの注文書にも信頼度が書かれているんですか?

 いえ、信頼度をパーセンテージで指示されることはほとんどないです。演出の強弱とか分岐、色の強さといった指針は提示されますが、最終的に演出バランスの振り分けを行うのはメーカー様なので。

パチンコではとにかく「色」が重要です。メーカー様からのリテイクは色に関するものが多いですね。たとえば、良かれと思って赤にオレンジや紫を混ぜてみると、「赤に見えない」とNGが出てしまうんです。あとは、「金のきらめきが足りない」とか(笑)。

 ――金の表現にも機種によって差があるのは、そんな理由なんですね(笑)。ほかに映像を作るうえで、気を付けていることはありますか?

 役物演出時の映像ですね。機種ごとに形状や動くスピードも様々なので、役物をより目立たせるため、それに合わせたエフェクトを付けています。

【続きを読む】

  • 激熱ハズレは減っていく!?遊技機液晶ソフト会社で開発秘話を聞いてみた
  • 激熱ハズレは減っていく!?遊技機液晶ソフト会社で開発秘話を聞いてみた