2019.5.30 05:02

【新台つまみ食い】羽根モノ台14機種の液晶搭載

【新台つまみ食い】

羽根モノ台14機種の液晶搭載

特集:
新台紹介
V王(西陣)

V王(西陣)【拡大】

 勤務中だろうがシマの端でたばこを吸うのは当たり前、生意気と思われた客は嫌がらせを受けたり追い返されたり…といった昔話が全部ウソなんじゃないかと思うほど、現在のホールの店員さん事情は大きく変わってきています。

 受け答えの言葉は親切のレベルを軽く超越しており、先祖の時代にこの店員さんの一族に大きな貸しでもあったっけ?と錯覚するレベル。ホールを出るときに受ける「ありがとうございました」のあいさつの爽やかな笑顔をみると、爽やかすぎて逆にケンカを売られているんじゃないかと疑ってしまうレベルです。

 このように、時代が変われば同じ空間でも激変してしまうのがホールの常だと思いますが、ガラっと変わる前の空間を感じさせてくれたのが今回つまみ食いした新台「V王」(西陣)でした。

 本機は1990年代にリリースされた羽根モノ台を14機種も液晶搭載しており、抽選こそデジタルですが、キメの演出は懐かし台の役物と玉の動きの映像で楽しめる仕様となっております。

 赤やら金やら騒ぐだけ騒いで何も残らない大ハズレが、どうせハズレなら楽しませようという心遣いから(きっと)生まれているわけですから、大敗直後の爽やかすぎる笑顔よろしくしんどいタイミングもあるわけで、そんなときにうってつけの一台だと思います。

 常連さんのために古き良きパチンコ屋さんの雰囲気をよみがえらせようと、めちゃくちゃ真面目だった新人の店員さんがいきなり極細眉毛のパンチになって出勤してきたような…当時は戻ってこなくても、戻った気分を味わってほしいと願うメーカーの心遣いを感じる一台でありました。

マリブ鈴木

 パチンコ・パチスロで生計を立てていた実績を買われ、慶応大学在学中から必勝ガイドでライター活動を始める。現在はガチンコ実戦からバラエティー企画まで、CSやYouTubeでレギュラー番組を持つ。ボートやマージャンにも進出し、多岐にわたって活躍している。

  • V王(西陣)