2019.5.17 12:00(1/2ページ)

【女子のミカタ】剣崎沖マダイフィーバー トップ6尾!最大3・2キロ

【女子のミカタ】

剣崎沖マダイフィーバー トップ6尾!最大3・2キロ

柿崎さんのバースデーは3・2キロのマダイで彩られました=東京湾・剣崎沖

柿崎さんのバースデーは3・2キロのマダイで彩られました=東京湾・剣崎沖【拡大】

 令和の初釣りは魚のキングにあいさつへと、好調に釣れ続いている横浜市・金沢八景『米元釣船店』でマダイ釣り勝負です。仕掛けが10メートルと長いとあって女性やビギナーに敬遠されがちですが、ポイントを押さえればなんのその。船長のレッスンが受けられる操船室前の“特等席”を陣取り、キング攻略へ準備万端で出発だ!!

 50隻ものマダイ船団が形成される剣崎沖。米元正船長の指示通りにタナを合わせると、“2019はマダイの当たり年”の噂通り、早速アタリが。喜びもつかの間、私の竿先はマダイ特有の三段引き…ではない。43センチのメジナだ。

 敷居は高くないのを証明すべく、今回は友人の美女も一緒です。初挑戦でモデルのミーナ(26)は船長の指導を受け、投入から回収まで一人前の釣り人へみるみる成長。メジナを立て続けにGETします。「メジナがアタるってことはタナはバッチリ。マダイを待つのみだね」と船長の言葉を信じ、ひたすら5分おきにコマセを撒き続けます。

 「結構良いサイズだよ」と船長がうなずく先には、鋭く弧を描く竿と丁寧にやり取りする柿崎晋二さん(44、横浜市)の姿が。「こんなにラインが出てったのは、久しぶりだよ」とビッグを思わせる引きは船中最大の3・2キロ。「きょうは誕生日。マダイが祝いに来てくれたみたいです」とおめでタイプレゼントにニンマリだ!!

 最終的には0・4~3・2キロを0~6尾。残念ながらキングを射止められず、クイーンになれなかった私はメジナ3尾で終了。13日には最大3・2キロを2~9尾と、好調をキープしている剣崎沖。まだマダイける釣果を求め、急ぐっきゃない!! (川目梢)

【続きを読む】

  • 2人仲良くメジナをゲット。左から川目記者43センチ、ミーナさん40センチでした