2019.5.16 05:01

【新台つまみ食い】GANTZ:2は「うまいっ」

【新台つまみ食い】

GANTZ:2は「うまいっ」

特集:
新台紹介
このおでんはともかく、GANTZ:2は、おいしいみたいですよ

このおでんはともかく、GANTZ:2は、おいしいみたいですよ【拡大】

 上野のパチンコ村をぶらりと散策し、気になった新台をピックアップする当連載でありますが、今回はいつもと様子が違います。

 いつもなら会社員っぽい人がお弁当や飲み物を買っているはずのコンビニには観光客っぽい層しかいませんし、いつもなら夕方からにぎやかになる飲み屋が昼過ぎからフルスロットルって…嫌な予感を胸にショールームを巡ると、予感は的中してどこもやっておりません。完全にゴールデンウイークの存在を忘れておりました。言い訳ではないのですが(いや、言い訳)、平成最後やら令和最初やらで盛り上がったじゃないですか。僕も世の中と一緒に盛り上がろうと思って、おでんを作ったんですよ。

 だしからしっかり、大根だって下ゆでをしたり隠し包丁を入れたり、2日かけて作ったんです。ちょうど令和になった瞬間に焼酎を飲みながら、おでんを食べてテレビの特番でも見ようと思って平成のうちから全身全霊をささげて作ったそのおでんが、極めてまずかったんです。隠し包丁でうま味を隠してしまったのかな?などと嘆きだしたらもう、GWだなんてことは意識のはるか外にいってしまったわけです。

 導入前の新台を打てなかったので、頭をお酒に切り替え、ライター仲間と一杯やりながら最近の新台について話すことにしました。同世代のライターや、雑誌の編集部員という名の飲み友達いわく、ホットな新台はGANTZ:2で、前作より良いと思える超GANTZと当り方の多彩さ、台自体が甘いことなど絶賛の要素ばかりとのことでした。良い話が聞けたので感謝する気持ちが3割、7割は戒めのつもりで失敗したおでんの写真を載せておきます。

マリブ鈴木

パチンコ・パチスロで生計を立てていた実績を買われ、慶応大学在学中から必勝ガイドでライター活動を始める。現在はガチンコ実戦からバラエティー企画まで、CSやYouTubeでさまざまなレギュラー番組を持つ。ボートやマージャンにも進出し、多岐にわたって活躍している。