2019.4.27 05:00

【甘口辛口】石野卓球との写真で見せたピエール瀧被告の笑顔 神妙な顔での謝罪は何だったのか

【甘口辛口】

石野卓球との写真で見せたピエール瀧被告の笑顔 神妙な顔での謝罪は何だったのか

相方の瀧被告(右)と1カ月半ぶりに再会し、仲良く肩を組む仲良し写真を公開した卓球(ツイッターより)

相方の瀧被告(右)と1カ月半ぶりに再会し、仲良く肩を組む仲良し写真を公開した卓球(ツイッターより)【拡大】

 ■4月27日 友情って何だろう。久々に青くさく考え込んでしまった。麻薬取締法違反の罪で起訴され、保釈中の俳優でミュージシャン、ピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)が、テクノバンド、電気グルーヴの相方、石野卓球(51)の25日付ツイッターに写真で登場。石野と肩を組み、久々の笑顔を見せている。

 写真はカメラ目線。おそらく瀧被告も了解済みの公開だろう。石野は「一カ月半ぶりに瀧くんと会ったよ。汗だくになるほど笑った!」と報告。元気な様子にファンはホッとしただろうし、瀧被告にとっても石野の存在は地獄に仏の思いに違いない。結成から30年、絆の強さを感じさせる。

 2人とも今後の人生を思えば、頼るべきは友と思っているに違いない。同じ所属事務所に籍を置いてきたが、瀧被告は今月2日付で契約を解除された。石野も18日付のツイッターで「もう事務所は辞める」と宣言したが、前日の17日、報道陣からバンド解散について聞かれると真っ向否定。バンド続行の意思を示した写真とも受け取れる。

 それにしても、だ。瀧被告が4日に保釈された際、30秒近く頭を下げ「反社会的行為により、大変多くの皆さま方にご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。まことに申し訳ございませんでした」と神妙な顔で謝罪した姿は一体、何だったのか。今すべきは、20代から陥った薬物中毒から脱却する治療や更生のはずだろう。

 出演したドラマや映画の撮り直し、CDの回収で事務所や自らへの損害賠償は10億円以上とも予想される。現状を思えば、笑顔はあまりに不自然。今後の公判で裁判所の心証も、決して良くはないだろう。これほど残念な友情写真は見たことがない。 (森岡真一郎)