2019.4.18 12:00

【竿々学々】千葉県・銚子沖のホウボウ、大型交じり好調!50センチ級も姿を見せ、30匹オーバーの釣果も

【竿々学々】

千葉県・銚子沖のホウボウ、大型交じり好調!50センチ級も姿を見せ、30匹オーバーの釣果も

特集:
竿々学々

 ――師匠、今シーズンも銚子沖のホウボウが釣れ出したって聞きましたが、調子はどうなんですか。

 「おお、数、サイズとも申し分ないな。今のところ茨城・波崎港の船しか乗合船を出していないが、まもなく銚子外川や飯岡の船宿からも船が出るようになるはずだ」

 ――ずっと前に師匠から「ホウボウは日本料理の椀ダネとしては、最高級の魚で、黒塀の料理店では、定番の椀ダネだ」ってお話を聞いていたから、何となく覚えていたお魚だったんですが、釣り物としてはあまり一般的ではないですよね。

 「まあな。今でこそ銚子周辺の船が専門の乗合船を出すようになっているが、以前はマダイ釣りなどの“ゲスト”としての扱いだったからな。まとまって釣れる魚という印象も無かったしな」

 ――父も同じようなことを言っていました。昔は“ホウボウ釣り”なんてジャンルは無かったって。

 「その通りだ。しかし、飯岡の船長に聞いたんだが、昔からまとまって釣れる場所はあったそうだ。ただ、専門の釣り物というイメージが無かったんで、乗合船は出していなかったらしい」

 ――へ~、そうだったんですか。おいしいお魚なのにね。お椀のタネとしてではなくても十分おいしいですよね。

 「ああ、刺し身もイケるし、煮ても焼いても十分うまい。俺はコブ〆が好きだがな」

 ――私もホウボウは癖のない白身で、何にして食べてもおいしいお魚というイメージを持っています。それに姿形もいいですよね。あの美しい胸ビレはクジャクの羽根のようですものね。

 「ああ、あのヒレが、ホウボウとよく間違われるカナガシラとの大きな違いだよな。カナガシラにはあの胸ビレは無いからな」

 ――父から聞いたんですが、ホウボウはルアーでも釣れるそうですね。

 「おお、飯岡の船ではジギングで狙っている船宿もある。船長の話では、餌釣りの方がいい時もあるし、ジグの方がいい時もあるそうで、どちらも準備して行った方がいいようだな」

 ――ジギングで釣れるなら、彼と行ってこようかな。ホウボウって結構強烈にファイトしますよね。

 「ああ、40センチオーバーになると、結構なファイトをしてくれる。ソルトルアーの釣り物としてももっと注目されてもいい気がするな」

 ――分かりました。今週末辺り、彼を誘って行ってきます。