2019.4.17 05:04(1/2ページ)

【新台】ぱちんこ 冬のソナタ Remember Sweet Version(京楽)

【新台】

ぱちんこ 冬のソナタ Remember Sweet Version(京楽)

特集:
新台紹介
ぱちんこ 冬のソナタ Remember Sweet Version(C)Pan Entertainment. (C)KYORAKU

ぱちんこ 冬のソナタ Remember Sweet Version(C)Pan Entertainment. (C)KYORAKU【拡大】

 昨年6月に発売された大ヒット機種「CRぱちんこ 冬のソナタ Remember」の甘デジスペック機「ぱちんこ 冬のソナタ Remember Sweet Version(京楽)」が登場する。本機は6段階の設定付きで、前作のミドル機と変わらない演出を手軽に楽しめる。ミドル機と同様の「シンプルモード」と「エンジョイモード」の2つの演出モードを搭載。変わらぬ良さを堪能あれ。

 ミドルスペックで登場した前作「冬ソナ」の注目度は決して高くなかった。理由は「冬ソナ」が15年以上も前に完結しているコンテンツだからで、新たなキャラクターの登場やストーリー展開はなく、“ヨン様”が社会現象になった時代は遠い昔のこと。しかも2018年の新台なのに、パチンコ機としてのウリが“初代冬ソナ(2006年リリース)の演出を再現したシンプルモード”だったのだから盛り上がらなかったのも当然だ。

 ところが、いざホールに設置されると安定した人気で、昨年リリースされたすべてのパチンコ機の中でも1、2を争う稼働を誇る人気機種となった。その勢いは継続中で、中古機の価格は高値安定中だ。

 本機は、そんなヒット機種の甘デジ版だが、もうひとつ、追い風となる要因がある。それは“京楽の6段階設定付き”であることだ。この条件に当てはまるのは、今年2月にホール導入された「必殺仕事人V」の甘デジしかないが、これも大成功していて中古機価格は冬ソナのミドル機をも上回っている。

【続きを読む】

  • チェ・ジウにまた会える13年前の初代冬ソナを再現した演出。ファンをとりこにした“涙の女王”チェ・ジウの魅力に浸れる
  • カメラリーチ信頼度が低いアニメ系リーチだが、チャンスアップ次第では一気に信頼度が上昇する
  • 初雪リーチ実写リーチ中最も期待できる。エンジョイモード中にメガポラリスなしで発展すれば!?
  • 恋愛モード図柄揃いからの確変大当りで、次回の大当りまで電サポが続く
  • 緊急入院モードチュンサンが事故に遭うと突然確変に。リーチ後にユジンが登場するとチャンス
  • 群予告説明不要の激アツ予告。ミニョン群と雪だるま群があり、ともに出現しただけでアツい!
  • 雪だるまリーチ恋愛モード中はリーチによって確変期待度が変化。雪だるまリーチなら継続濃厚
  • ハートギミック台枠上部にハートのギミックが出現すれば激アツ!
  • メガポラリス液晶前面で巨大な星が回転するメーンギミック。スーパーリーチの発展前に作動すれば大当り期待度がアップ