2019.3.21 05:00

【甘口辛口】「ゴジラは礼儀正しいのか」柔道日本代表の愛称に異論続出 素のままで勝負してもらいたい

【甘口辛口】

「ゴジラは礼儀正しいのか」柔道日本代表の愛称に異論続出 素のままで勝負してもらいたい

発表会見でゴジラに技をかける井上康生男子監督=19日、東京都内

発表会見でゴジラに技をかける井上康生男子監督=19日、東京都内【拡大】

 ■3月21日 あの松井秀喜さんが「侍ジャパン」に対抗する新たな野球チームでも作ったのか、とびっくりした。その名も「ゴジラジャパン」。なんと全日本柔道連盟(全柔連)が発表した、日本代表選手団の男女共通の愛称と聞いて2度びっくりだ。柔道も、ゴジラも日本発祥で力強いイメージが共通しているとか。

 全柔連では、以前から国内外の選手の試合映像を分析するシステムを「ゴジラ」と呼んでいた。ゴジラの商標をもつ東宝がそのことを知り昨夏、コラボを提案し実現したという。19日の会見では男子代表の井上康生監督が、着ぐるみのゴジラと組み合って写真に納まるなどPRにつとめた。

 愛称の草分けとして広く浸透した「なでしこジャパン」(サッカー)はじめ「おりひめ…」(ハンドボール)、「さくら…」(ホッケー)など、女子の団体球技を中心に代表チームは愛称花盛り。認知度アップに柔道も愛称をという気持ちもわからなくもないが、個人競技の柔道につける必要などあるのだろうか。

 愛称を決めた先日の全柔連理事会でも「ゴジラは礼儀正しいのか」「破壊のイメージは柔道が目指すものと違う」などと異論が続出。いまや国民的アイドルになったゴジラだが、採決では22人の理事のうち8人が反対したというのもわかる。女子代表に「ゴジラジャパン頑張れ!」では笑ってしまう。

 小欄の素人考えでは怪獣よりランクは下でも金メダルの松本薫にあやかって「野獣ジャパン」、柔道の父嘉納治五郎から「ジゴロージャパン」…。いや、日本発祥の柔道には重みのある「柔道日本代表」しかない。美しく一本で決める日本柔道の精神からも、素のままで勝負してもらいたい。(今村忠)