2019.3.14 12:00(1/2ページ)

新ハピソンガール橘明奈さん、初イシモチ釣りで計16匹!魚影濃く数釣り絶好機

新ハピソンガール橘明奈さん、初イシモチ釣りで計16匹!魚影濃く数釣り絶好機

30センチのイシモチにご満悦の橘明奈さん。ご自慢のネイルもピカピカです=東京湾・赤灯沖

30センチのイシモチにご満悦の橘明奈さん。ご自慢のネイルもピカピカです=東京湾・赤灯沖【拡大】

 元気な釣りガールがサンスポ推薦船宿で釣りを楽しむ企画「釣りガール いらっしゃ~い」。今回は便利釣りグッズを次々と生み出す「Hapyson」から、2月にハピソンガールの仲間入りした橘明奈さん(23)が登場です。魚影が濃く、数釣り絶好機の横浜市・金沢八景『小柴丸』へ。グーグーと鳴くイシモチに「そんなにお腹が空いてたのか」と会話するなど天然炸裂?! キュートな釣りガールが爆誕です。

 初めてのイシモチ釣りです。雲もなく快晴かと思いきや、春一番が吹き、ポイントの赤灯沖まで船が大きく揺れてアトラクションのようです。

 餌は青イソメ。ウネウネしていてパッと見怖いですが、触ってみればかわいいもの! 「大きいイシモチに狙われてね?」と私が知る愛というもの全てを注ぎ込み、ハリ付けしました。

 鈴木仁船長に釣り方を教わりました。オモリを下まで落として、底に着くか着かないか程度でキープ。水深は30メートル。この日は風が強いのであまり誘わない方がいいとのこと。あまり動かさずじっと待っていました。

 開始5分もたたずに、27センチのイシモチが釣れました。ハピソンの「計測グリップミニ」で、すかさずキャッチ。手でお魚をつかむと、トゲやウロコが知らないうちに刺さって、身に覚えのないところから血が出たりするので、グリップがあるとけがの原因を減らせます。

 すぐに船長がイシモチの血抜きの仕方を伝授してくださいました。なんて親切なんでしょう! 時々ジョークを交えながら、おもしろおかしく教えてくださいました。内臓をガッツリ傷付けるのではなく、魚が長く呼吸できるよう少しだけ傷付ける。大きく傷付けた方がたくさん血抜きができるかと思っていました。

【続きを読む】

  • 乗り合わせたAPCの小菅義弘さんの指導で技をバッチリ吸収だ
  • 釣りの後は船長行きつけのお店で、刺し身やタタキなどイシモチ三昧だ
  • 当日の仕掛け