2019.3.1 12:00(1/2ページ)

【ヘラブナ】春の手応え…37センチ含め30枚

【ヘラブナ】

春の手応え…37センチ含め30枚

暖かくなりヘラブナの動きも活発。のんびり釣りができる季節に突入した=千葉・柏市『清遊湖』

暖かくなりヘラブナの動きも活発。のんびり釣りができる季節に突入した=千葉・柏市『清遊湖』【拡大】

 あすから3月、長かった冬に終わりを告げようとしている。穏やかな陽光の中で釣りがしたいと出掛けたのが、千葉・柏市にある『清遊湖』。のんびりと段差の底釣りを実践したところ、大小交じりで30枚。充実した一日を味わった。

 ★概況

 『清遊湖』は釣り座450席の大型管理釣り場。長年の放流で、魚影の濃さは抜群。2月の厳寒期でも、トップ20~30キロと安定している。型は30~40センチ主体で、大型ブームの火付け役にもなった。

 ★釣り方

 南、北、中央の桟橋がある手前エリアは全体的に水深が深く、最深部は5メートル。タナ1メートル以上の規定があるが、浅ダナからチョウチンの宙、長竿の底釣りまで大差はない。

 一方、東、西の桟橋がある奥のエリアは、釣り方は自由。岸に向かって掛け下がりになっており、底釣りの実績が高い。特にこれからはヘラブナが動き始めるので、思わぬ大釣りができることも。餌はバラケにウドンのセット。

【続きを読む】

  • ポカポカ陽気の中、良型の引きを満喫した=千葉・柏市『清遊湖』