2019.2.14 05:02

【ベガス】大当たり&連チャンモード中に無駄打ち防げ

【ベガス】

大当たり&連チャンモード中に無駄打ち防げ

特集:
ベガス小池

 【パチンコ編・P寄生獣(サンセイR&D)】

 2月登場の新台は、旧基準の「CR」より新基準の「P」が多くなった。新基準機は大当り1回の出玉上限が、以前の2400個から1500個に抑えられたため、歓迎していないファンも多いはず。だが、その範囲内でも旧基準同様の面白さを持った機種は出てくるものだ。それがサンセイのP寄生獣だ。

 この機種のゲーム性は、1種2種混合のライトミドルタイプ。ヘソからの初当りの95%で、ラウンド消化後に7・4分の1の連チャン抽選を5回行う「増々チャンス」が発生する(連チャン期待値約52%)。そして、ヘソからの初当りの5%、または右打ちの連チャンが発生した後は、7・4分の1の連チャン抽選を合計11回行う「咲々チャンス+増々チャンス」が発生する(連チャン期待値約80%)。

 ここまで説明したらピンときた人は多いはず。そう、あの旧基準の大ヒット機種「戦姫絶唱シンフォギア」とそっくりなゲーム性だ。しかもモチーフの「寄生獣」は、ベガスが大好きな作品。なので、今月の導入当初から打っているが、攻略ポイントもシンフォギアとそっくりだ。

 説明すると、初当り後の増々チャンスは、貯めた保留分を連チャン判定するシステム。なので右打ちで確実に保留を貯める必要があるが、4個貯まった後は無駄に打つ必要はナシ。止め打ちで玉を節約できる。

 また、連チャン率80%の右打ち大当り終了時は、その後に発生する咲々チャンス中の演出を選択する画面が20秒ほど展開。もちろん、この間も無駄玉を打つ必要はない。これは1回転が非常に長い咲々チャンス中も同じ。保留が満タンになったら、以後の玉は無駄打ちになる。

 この機種もシンフォギア同様、勝つためには大当りや連チャンモード中に、それらの無駄打ちを防ぐことが重要だ。

ベガス小池

 羽根モノとAタイプスロをこよなく愛するパチプロ歴25年超のライター。パチ&スロは、腕を磨けば攻略できるというのが信条。パチやスロで稼いだ資金をラスベガスでのカジノ勝負に賭けては散財し続けるため、この名で呼ばれるように。【twitter @vegaskoike】