2019.2.8 12:00(1/2ページ)

【女子のミカタ】黄金のLTアジ 近場で浅場、釣果も申し分なし

【女子のミカタ】

黄金のLTアジ 近場で浅場、釣果も申し分なし

船長のアドバイスで24センチと22センチのアジをダブルで狙い撃ち=東京湾・横須賀沖

船長のアドバイスで24センチと22センチのアジをダブルで狙い撃ち=東京湾・横須賀沖【拡大】

 軽い仕掛けが女性や子供のミカタなLTアジ。しかも近場で浅場、数も申し分なく釣れる黄金アジは、褒めるところしか見つからない優等生なんです。横浜市・金沢漁港『蒲谷丸』の午前船へ乗り込み、ダイレクトな引きを存分にアジわってきちゃいました!!

 横須賀沖の水深20メートル。「底から2メートルです」と蒲谷政徳船長の合図。1メートル巻いて小刻みにコマセを撒き、さらに50センチずつ計3回に撒き分けタナを2メートルにセットします。クンクン。10秒もせずにいきなりヒット。浅場なのに25センチの良型、脂が乗った証であるピカピカな金色が海面に登場です。

 30分で10尾のペースにアタリも笑いも止まらない。しかし調子に乗った私を戒めるかのように、左隣では船長が操船しながら置き竿でダブルを連発。単発を繰り返す私に「1尾掛けたら竿をゆっくり20~30センチ寝かせて」とアドバイス。即実践すると、グングン。LTの本領発揮とばかりにしなる竿。大胆な引きで、狙い通りの22センチと24センチのダブルだ。「こんなに釣れちゃっていいんですか!?」と思わず船長に聞いてしまうほどのご機嫌モード突入です!!

 50尾を超えたところで1尾がなかなか掛からなくなった。「1メートルおきに2回大きくコマセを振ってみて」と船長。この釣りは指示ダナで待つのみだと思われがち。コマセの振り方次第で釣果を左右させられるんです。船長のコマセマジックでアタリを取り戻し、ラストスパート成功だ。

【続きを読む】

  • 24日のフェスタで生わかめのつかみ取りを担当する蒲谷船長