2019.1.18 12:00

【ヘラブナ】厳寒期でも1キロ以上の超大型が熱い

【ヘラブナ】

厳寒期でも1キロ以上の超大型が熱い

厳選された巨ベラと自動計量器でも人気の釣り場だ =埼玉県羽生市『椎の木湖』

厳選された巨ベラと自動計量器でも人気の釣り場だ =埼玉県羽生市『椎の木湖』【拡大】

 年間を通して楽しめるヘラブナだが、さすがに厳寒期の釣果は期待薄。しかし、埼玉県羽生市にある管理釣り場『椎の木湖』では良型の引きを味わうことができる。1枚1キロ以上の厳選した超大型だけを放流。ファンの注目を集める釣り場だ。

 ★概況

 『椎の木湖』は、416席の釣り座それぞれに自動計量器が設置。厳選した大ベラにこだわり、1枚3365グラムの超ビッグな記録もあるほど。今季も10トンが放流済みで、現在の状況はトップで30~40キロ。

 ★ポイント

 4本の桟橋があり、水深は2・5~5・8メートル。どのポイントでも釣れているので、釣り方に合わせて選択しよう。ただし冬は季節風による影響を受けやすく、東向きの釣り座がお勧め。

 ★釣り方

 宙と底、好みでOK。宙なら8尺から15尺で、竿いっぱいのチョウチン。底を狙う場合は、段差の底釣りに実績が高い。どちらも餌はバラケにウドンのセット。

 ★実釣

 午前6時過ぎ、気温はマイナス3度。東向きの釣り座が即座に埋まり、3号桟橋西向き奥寄りに入った。水深5・2メートル。18尺竿を段差の底釣りにセット。バラケを親指の先大に付けて打つ。トップの先端1節まで深馴染みしたところで、穂先を上げて縦に誘いを入れる。指圧を掛けてバラケ性を抑え、誘いによって細かい粒子を少しずつ拡散。活性が低下する時期ならではの釣り方だ。

 しかし冷え込みの影響か、1時間が過ぎても反応がない。そんな中、竿が立ち始めたのは宙釣りの人。9尺から15尺とさまざまだが、「930グラムだ」「こっちは1250グラム!」と声が飛び交う。その場で計量器で重さを確認。合計重量や合計枚数に加え、最大重量まで表示されるので楽しみも倍増。これが人気のひとつだ。

 30分後、私のウキにも変化が現れた。縦の誘いを繰り返し、バラケが抜けて食わせ餌だけになったところで再び誘いを入れる。直後、力強く半節“チクッ”と入った。右腕に“ゴクンゴクン”と大型特有の左右の抵抗が伝わる。慎重に浮かせて玉網に取り込んだ。1145グラム。いきなりの1キロ超に喜びもひとしお。

 さらに1030グラム、980グラムと連続するも、正面から風が吹き始めた。ウキが手前に流されるため、釣りにくさMAX。正午過ぎまで粘ったが、6枚(6215グラム)がやっとだった。

 最後に全体を見て回ると、この日は宙釣りが圧倒的に釣れていた。中でも風を背にした東向きの釣り座では、30枚以上釣り上げた人も多い。この日のトップは45枚で41・78キロ。最大重量は1枚2030グラム。やはり型狙いには最高の釣り場だ。 (APC・小澤浩)

 ★この日の餌

 バラケ=「段底」400cc、「粒戦細粒」100cc、「ダンゴの底釣り・夏」100cc、「BBフラッシュ」200cc、水250cc

 食わせ=「力玉ハードII」

ガイド

〈案内〉椎の木湖『クラブハウス』電話048・565・4133〈交通〉東武伊勢崎線・羽生駅下車。タクシー利用。マイカーは東北自動車道・羽生ICから約5分〈料金〉1日2700円。時間は午前6時30分から午後3時まで。

  • 1枚1キロ超はもちろん、さらに大型も期待できる